<ウェルター級/5分3R>
セス・バクジンスキー(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
ランス・ベノワ(米国)

 サウスポーのベノワが、いきなり左ハイを見せる。距離を詰めたバクジンスキーが組みつくと、一瞬ギロチンの態勢になるが、両者は距離を取り直す。一回り大きなバクジンスキーは、前蹴りから左ジャブを伸ばす。組みついてベノワは、一旦は下になりながら腰をコントロールしてトップを奪取。バクジンスキーはハイガードを見せる。足を越えながら腰をコントロールしたベノワが、立ち上がり際にまだヒザをついているバクジンスキーの顔面にヒザを入れてしまう。

 試合は一時中断するが、注意だけでペナルティは与えられず再開、バクジンスキーの左ストレートを掻い潜ったベノワは正面から抱きついてチョークを狙った。再び打撃戦の間合いになると、後ろ回し蹴りを見せたベノワだが、テイクダウン狙いから引き込むような勝ちでガードを強いられる。

 長いリーチを生かしてパウンドを落すバクジンスキーが、頭を抱えてトップをキープする。起き上がってパウンドを落すバクジンスキーは、ヒザをついてパウンドを落し初回が終了した。

 2R、長いリーチを武器に前に出るバクジンスキーに左を打ち込んだベノワだが、ヒザをついて組みついてきたバクジンスキーの顔面に再びヒザを放ち、減点を告げられる。前帰りからテイクダウンを奪ったベノアにバクジンスキーは、三角絞めへ。腕を引抜いたベノアはパウンド、バクジンスキーは蹴り上げを見せる。

 トップにいてなお、体格差に苦しむベノワは、立ち上がってローキックも再び蹴り上げを受ける。飛び込んでパウンドを狙うも、ハイガードに阻まれ有効なパンチを落せない。残り90秒、ケージ際で立ち上がったバクジンスキーは距離を取り、ヒザ蹴りを見せる。蹴り足をキャッチしてテイクダウンを狙ったベノワだが、ここでも下になってしまう。

 ショートエルボーを落とすバクジンスキー、アームロック狙いのベノワは、オモプラッタに切り替えるが、中途半端な仕掛けでパウンドを受けながら、このラウンドも終えることに。

 最終回、ヒザを蹴り上げるも。逆にバクジンスキーのヒザ蹴りに苦しむベノワは、ギロチンを仕掛けられながらもテイクダウンに成功し、首を引抜く。ケージに押し込んでなお、立たれたベノワ。バクジンスキーはシングルレッグを仕掛ける。組みついてきたベノワにギロチンへ。

 首を引抜いたベノワは、パウンドを落すが、バクジンスキーも下からエルボーを振るう。エルボー、鉄槌を落すベノワだが、ダメージは与えられない。残り1分、レフェリーがブレイクを命じ試合はスタンドへ。左ヒザを放ったベノワは、スタンドへ肩固めからバックを狙ったが、バクジンスキーに振り回されるように倒される。最後はパスを奪われ、エルボーを落とされたベノワ、最後まで体格差に苦しんだ試合をスプリットで落した。