<ミドル級/5分3R>
ボビー・ロバーツ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
カイオ・マガリャエス(ブラジル)

 キャリア6戦目でUFC初陣を迎えたノヴァウニオンの新鋭カイオ・マガリャエス、対するロバーツはグレッグ・ジャクソン門下で、これまで11勝2敗でUFCデビューとなる。いきなり右ストレートを打ち込んだロバーツ、いきなりバランスを崩したマガリャエスが組みつくも距離を取られる。

 間合いを取り直した両者、試合が一度落ち着く。右ミドルから組みついたマガリャエスは、シングルに組み替えてリフトアップ、ロバーツがバランスをキープすると、足を取りかえて尻餅をつかせる。ロバーツがすぐに立ち上がると、マガリャエスはボディロックでケージに押し込んでいく。エルボーを落とすロバーツは、シングルレッグを切ってバックからパンチを入れ立ち上がる。

 左目の上をカットしたマガリャエスはローから左ハイを見せるも、距離が合っていない。大振りの左フック、右フックと空振りを重ねるマガリャエスに対し、そのパワーを警戒してかロバーツも距離は詰めず前蹴りなどで牽制するにとどまる。右ストレートで一気に距離を詰めるロバーツ、右フックから右ハイをヒットさせ、マガリャエスの突進をかわして初回を戦い終えた。

 2R、マガリェエスの左フックに、右フックを合わせるロバーツ。マガリャエスは蹴り足を掴んで、組みついていく。ケージを背にしたロバーツだが、シングルレッグのテイクダウンディフェンスは巧みで、ヒザをボディに打ち込みながらバランスをキープする。頭を下げてロバーツを押し込むマガリャエスは、シングルで高々と抱え上げるが、倒し切れない。ダブルレッグも切られたマガリャエスのスタミナが心配だ。

 打撃の距離に戻ったロバーツは、右フック、右ローを見せる。さらに飛び込んで右フックを見せるロバーツ、右ローを蹴りこんで距離を取り直す。左から右をヒットさせたロバーツだが、徹底してリスクを冒さず距離を取り直す。左ミドル、左ヒザと大きな動きを見せて距離を取ったロバーツが、このラウンドも取ったか。

 最終回、左から右を放ったロバーツ。倒すしかないマガリャエスは懸命に前に出るが、追い切れないかカウンターの餌食になる厳しい展開に。基本下がりながら、打撃を捌き、テイクダウンを徹底して切るというロバーツだが、ついに残り2分30秒のところでテイクダウンを許してしまう。

 ケージを背にしてすぐに立ち上がったロバーツから、今度はダブルレッグからリフトして、しっかりとテイクダウンを奪ったマガリャエスだったが、ボディを蹴り上げられ抑え込めず試合はスタンドへ。ロバーツは左ハイをヒットさせ、パンチを振り回しては距離を取り直す。残り30秒、左へ回りながら右ストレート、左アッパーと手を出す姿勢は見せるロバーツを最後まで捉えることができなかったマガリャエス、シングルレッグでテイクダウンを狙ったところでタイムアップとなり、当然のようにロバーツが判定勝ちを手にした。