TVアニメ『ゆるゆり』、女性限定! 初のガールズイベントを開催!! 「公開収録! ガールズナイト!」

写真拡大

2011年7月より放送され、2012年7月から第2期シリーズもスタートするTVアニメ『ゆるゆり』。

そのメインキャスト陣が結成する「七森中☆ごらく部」が、2012年5月26日に、TFTホールにて、ゆるゆり初のガールズイベント「公開収録! ガールズナイト!」を開催した。

赤座あかり役の三上枝織、歳納京子役の大坪由佳、船見結衣役の津田美波、吉川ちなつ役の大久保瑠美の4人による「七森中☆ごらく部」。

今回のイベントは”ガールズイベント”ということで観客は女性に限定された。

男性ファンの多い作品だけに、メンバーはもちろん、公式さんをはじめとするスタッフ陣も、「本当に来てくれるのか?」という不安から、企画当初はおよそ100人規模の会場が予定されていたという。

しかし、フタを開けてみると、そんな不安はなんのその。

1,000通を超える参加申込みを集める結果となり、会場もより大きなTFTホールに変更。

抽選で選ばれた約500人の女性ファンが集結することになった。

そして開幕。

照明が落とされ、OPテーマ「ゆりゆららららゆるゆり大事件」が鳴り響く中、突然、会場後方から「七森中☆ごらく部」のメンバーたちが姿を現す。

まさかのサプライズに驚きつつも歓喜の声をあげる客席。

イベントはまさに”大事件”で幕を開けた。

会場を埋め尽くす女性ファンに興奮の色を隠せないメンバーたち。

テンション高めの挨拶において、自分だけ挨拶時の決まり文句がなかったという大久保は、「腹黒ピンク」(本人曰く”腹白ピンク”)、略して「はっP」を披露する。

オープニングトークに続いて、最初のコーナー「私が一番ゆるゆり愛してる」がスタートする。

第2期が7月からスタートするにあたって、作品のすばらしさをあらためてアピールするというコーナーだが、例のごとく、「普通にやってもつまらない」ので、おなじみの「目立ちたGirl」が登場。

箱の中の紙に書かれたキャラになりきって紹介するということで、各メンバーが引き当てたのは、大坪由佳「キャピキャピキャラ」津田美波「関西人キャラ」大久保瑠美「三上枝織」三上枝織「赤ちゃん言葉の甘えん坊キャラ」それぞれ熱演で会場を沸かせるものの、『ゆるゆり』への愛情を語っている人はゼロ……。

というわけで、もう一度チャレンジしたところ、三上枝織「吉川ちなつ」大久保瑠美「大久保瑠美」津田美波「正義のヒーローキャラ」大坪由佳「歳納京子」先ほど自らを引かれた三上が大久保演じる「吉川ちなつ」を引き返したかと思えば、大久保が自らの名前を、大坪が自らが演じるキャラを引くなど、まるで仕込んだかのような結果に会場は大いに盛り上がる。

そして、会場からの反応、生中継されていたニコニコ生放送での投票の結果、4位だった三上枝織が罰ゲーム。

あらためて「目立ちたGirl」から引いたキャラになって”謝罪”をすることに。

ここで、自らが演じる「赤座あかり」を引いてしまうあたりは、”持っている”といってよいのかどうか。

続いて行われたのは「女子力対決」。

対決をとおして女子力の高さを競うというもので、まずは「お花畑で遊ぶ自分が演じるキャラクター」を描く「お絵かき対決」が行われた。

「お絵かき大好き♪」ということで、やはり注目は大久保。

安定のちなカレー空間で、会場を阿鼻叫喚の渦に巻き込む。

しかし、投票の結果は三上が最下位。

今度は「車掌さん」で、”謝罪”をすることに……。

なお、謝罪中に三上の似顔絵をガシガシと描き殴る大久保。

実は、こちらのほうが罰ゲーム、との声も。

続く女子力対決は「危機回避能力対決」。

危機的な状況でいかに余裕を持っていられるかを競う対決で、ほかのメンバーからのムチャ振りを巧に回避できるかが勝敗を決する。