エスパス ルイ・ヴィトン東京が″現代的な洞窟″に フィンランドのアーティストによる企画展

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が、「AWAKENING」展をエスパス ルイ・ヴィトン東京で6月9日より開催する。「発展」「国」に的を絞ったシリーズの一環で、エスパス ルイ・ヴィトン東京で開催される2度目のグループ展。光が降り注ぐ白い空間から一転、会場を"現代的な洞窟"に見立てた神秘的な空間に演出した。フィンランドの若手アーティスト3名の最新作を通じて、フィンランドの現代アートシーンに焦点を当てる。 ルイ・ヴィトンがフィンランドアートの企画展の画像を拡大

 2011年のヴェネチア・ビエンナーレでフィンランド・パビリオンのキュレーターを務めたラウラ・コーニッカが手がける「AWAKENING」展では、「生(life)」の物珍しさや特異性を表現する作品を創出するアーティスト3名が選定された。画家でもあるハンナレーナ・ヘイスカは、2本のビデオ作品「Ridestar」と本展が初公開となる「Today We Love」を出展。展示される場所の一部も作品として捉えているペッカ・ユルハは、エスパス ルイ・ヴィトン東京の会場に合わせて、クリスタルを用いた新作3点を発表した。サミ・サンパッキラは会場を象徴する大きな窓一面に合わせてサイト・スペシフィック・インスタレーション「STARWALL」を設置。さらに、3点のポートレートからなる過去の映像作品「21st Century Portrait」を出展している。 スペースに展示された作品はすべて、「AWAKENING(目覚め、覚醒)」という視点から解釈できることを意識して製作・出展。ラウラ・コーニッカは、「ユルハ、ヘイスカ、サンパッキラの3名を1グループにまとめることによって、作品が相互に響き合い、パラレルな視点から彼らのアートを探るためのプラットフォームを設けたのです」とコメント。"現代的な洞窟"のような展示環境で、シュールレアリスム的な傾向からゴス文化まで、様々なレンズを通して見える「生」の特異性を発見することができる。■AWAKENING 会期:2012年6月9日(土)〜9月9日(日)    12:00〜20:00 / 入場無料 会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京    東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F