あなたの家のネット通信環境は?




ひと昔前と比べれば、インターネット環境は劇的に良くなりました。光ファイバー網が整備され、通信速度は向上し接続料も安価になりました。日本は、実は世界一高速通信網が普及した国だと言われます。本当にそうなの?というわけでみなさんに家庭でのインターネット環境を聞いてみました。



調査期間:2012/2/29〜2012/3/4

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



まずは家庭にインターネット接続環境があるかどうかを聞きました。



Q.あなたの自宅にインターネット環境はありますか?

はい 93.5%

いいえ 6.5%



素晴らしい結果です。もはや約94%の家庭にインターネット接続環境があります。



少し古い統計ですが、2008年の国際電気通信連合によれば日本のインターネット普及率は75.4%。世界で15位です。ちなみにこのときの第1位はフォークランド諸島で普及率92.3%。



今回のアンケート結果を見るとその数値を超えていますね。



では接続方式はどうなっているでしょうか。



Q.インターネットにはどのような回線で接続していますか?

電話回線から 22.8%

光ファイバー(引き込み)経由 55.7%

ケーブルTVなどの専用ケーブル経由 14.1%

そのほか 7.4%



光ファイバーの引き込み率はかなり高いです。なんと約56%となっています。これだけ光ファイバーを家庭に導入している国はおそらく他に類を見ないのではないでしょうか。



通信速度はどうでしょうか?



Q.あなたのインターネット接続環境の速度を教えてください。

1Mbps未満 4.1%

1Mbps以上20Mbps未満 19.7%

20Mbps以上40Mbps未満 18.1%

40Mbps以上60Mbps未満 18.7%

60Mbps以上100Mbps未満 13.9%

100Mbps以上 25.6%



光ファイバー、またケーブル回線のおかげで高速通信を利用できているのがわかります。100Mbps以上が約1/4もいます!



一方で、20Mbps未満が約24%、そのうち1Mbps未満が4%です。これは、おそらく最初に契約した回線をそのまま利用し続けているためではないでしょうか? 一度契約した回線、また接続プロバイダーを変更するのは結構力技なので(はっきり言えばメンドくさい)、「速くしたいなあ」と思いながらも使い続けているのでは!?



最後に、現在使っている回線の速度をどう感じているかを聞きました。コンピューターの世界では、「速度」に関しては不可逆です。つまり、いったん速い世界を体験してしまうと、二度と遅い環境には戻れないのです(笑)。



それは、インターネット通信速度だけでなく、例えばスクロールの速度、画像処理の速度など、すべてそうです。「遅い」ということがわかると我慢できなくなるんです。



Q.いま使っているインターネット回線の速度についてどう思いますか?

速い 14.0%

ふつう 65.9%

遅い 20.1%



遅いと感じている人が20%います。遅いと感じながらも我慢して使っているんですね。



実は、筆者も先日事務所移転のため、回線の新しい契約、プロバイダーの変更を「えいっ!」と行いました。泣きそうなメンドくささと引き換えに、100Mbpsの快適な通信環境をいままでの2/3ほどの価格(月額)で入手しました。



それまでのプロバイダーは「えーうちとの契約は終わりですかー」みたいなイヤーな声を出してましたが、新しいプロバイダーの方が安価なんだから仕方ないですよね(笑)。



もし「メンドくさいからなー」と思いながら遅い回線を使っている人は、思い切って変えちゃった方がいいです。価格はより安価になって通信速度も上がってますから!



(高橋モータース@dcp)