7日、漫画家・小林よしのり氏が、AKB48総選挙の結果について自身の運営するブログ「ゴー宣道場」で熱く語っており、その内容がネット掲示板で反響を呼んでいる。

7日に更新された記事によると、6日に行われたAKB48総選挙で「嬉しい結果と悔しい結果が同時に出たため、動揺して布団に突っ伏して泣きながら寝た」と告白。大島優子が1位になり世代交代を阻んだことや、圏外だった秋元才加に携帯のストラップを渡したこと語ったが、特に市川美織の58位という結果に強いショックを受けており「強い憤りと胸が張り裂けるような悲しみが襲った」「あんな可愛い妖精の無垢な心を傷つけるこの選挙を呪ってやる!」と歯ぎしりしたという。

この内容にネット掲示板では「本気で気持ち悪い」「俺でも引くわ」「『戦争論』(98年刊)は偉大だったのに。いまやAKBヲタになってしまうとは…」「政治ネタはやめてこっち方面で生きることにしたのか」と、小林氏のAKB48への入れ込み様に戸惑うネットユーザーが続出した。

一方で「大の大人がこんなに熱くなれるって素敵やん」「この人の行動に悪気はないんだから、ほっといてやれ」と、同氏のブログを好意的に捉える書き込みも見られた。

市川美織の写真ギャラリー

【関連情報】
大島優子ちゃんと市川美織ちゃんに告ぐ(ゴー宣道場)