日産、商用車「バネット バン」と「バネット トラック」の一部仕様を改良

写真拡大

日産自動車は8日、商用車「バネット バン」と「バネット トラック」の一部仕様を改良して発売した。

価格は、バンが198万3,450円から224万8,050円、トラックが160万6,500円から202万4,400円。

今回の一部改良では、バネット バンとバネット トラックの全車がへッドレストの高さとヘッドランプの配光を変更し、安全に関する法規制強化に対応した。

また、バネット バンにおいては、全車でスライドア強度要件への対応を行ったほか、DXグレードではハイバックタイプシートをヘッドレスト分離型に変更。

バネット トラックにおいては、全車に後部反射器を採用して安全対応を強化している。

ボディーカラーに関しては、バンGLグレードのサンライトシルバーを廃止して、アルミニウムメタリックを新設定した。

バンとトラックともに、1.8Lガソリンエンジン(DOHC水冷直列4気筒)、トランスミッションは5MTもしくは4E-AT(電子制御4速オートマチック)を採用。

駆動方式は、バンが4WD、トラックが2WD(FR)と4WDを用意。

乗車定員は、バンが2名もしくは5名、トラックが2名。