「証券税制」、個人投資家の8割が”軽減税率延長”希望 - ネット証券4社調査

写真拡大

インターネット証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)は7日、個人投資家を対象とした証券税制に関わるアンケートの結果を発表した。

アンケート結果によると「2013年末に終了する上場株式等の譲渡・配当等の軽減税率(20%→10%)」に対して、「延長が望ましい」が(79%)と多くを占めた。

また「投資意欲が促進されると考える改善点」については、「確定申告の簡易化」(62%)、「譲渡損失の繰越控除の適用期間延長」(56%)という意見が上位に上がっている。

調査概要方法:インターネット調査対象:ネット証券4社に口座を保有する個人投資家 期間:2012年5月18日〜28日 回答数:21,738名