TVアニメ『織田信奈の野望』、2012年7月放送開始! メインキャスト陣が語る作品の魅力

写真拡大

GA文庫 (ソフトバンク クリエイティブ刊)の人気ライトノベルで、春日みかげ氏が手掛ける戦国美少女ストーリー『織田信奈の野望』。

2012年7月よりTVアニメとなって放送開始予定の本作から、メインキャスト陣が語ったメッセージを紹介しよう。

今回コメントを寄せてくれたのは、織田信奈役の伊藤かな恵、相良良晴役の江口拓也、前田犬千代役の福圓美里、柴田勝家役の生天目仁美、丹羽長秀役の松嵜麗、蜂須賀五右衛門役の金田朋子、明智光秀役の矢作紗友里、竹中半兵衛役の小倉唯の8名。

自身が演じているキャラクターやアフレコ現場の様子などを語ってくれている。

――まずはご自身が演じているキャラクターについて紹介してください伊藤かな恵「織田信奈役の伊藤かな恵です。

織田信長がもし女の子だったらという作品なのですが、この作品の中では姫武将たちと呼ばれていて、武将たちが女の子になっています。

信奈はすごく気が強く、流行モノ、新しいモノがすごく好きな女の子で、基本的にはすごくカッコ良くて、みんなを引っ張っていくような女の子なのですが、良晴と一緒にいるときだけ、ときどき女の子らしい一面が見えたりします」江口拓也「相良良晴役の江口拓也です。

良晴は現代の日本から急に戦国時代にやってきてしまった少年ですが、戦国ゲームだったり、戦国マンガだったりがすごく好きで、戦国時代に憧れみたいなものがあったので、この時代にタイムスリップしてきても、むしろこの時代を楽しむというか、ワクワクしている感じで、現代に帰るということを置いておいて、この時代の信奈と一緒に天下を獲ろうとする、すごくパワフルな少年です」福圓美里「前田犬千代役の福圓美里です。

犬千代は前田利家さんの幼名で、たぶん前田利家になっていくのであろう、姫武将と呼ばれている女の子です。

いつも虎の被り物をしていて、無表情なことが多く、年齢的にもかなり小さいので、可愛らしく、サルさん(相良良晴)には女の子扱いされるというよりも、ケモノ、動物扱いされている感じの役回りです」生天目仁美「柴田勝家役の生天目仁美です。

織田家に仕えている、とても強い姫武将です。

巨乳です(笑)。

甲冑の上からでも柔らかさがわかるぐらい、いい肉体の持ち主で、意外と女の子らしいです」松嵜麗「丹羽長秀役の松嵜麗です。

長秀は、何かと点数をつけるクセがある、誰よりも頭が良くて、冷静にみんなのことを見ているしっかり者のお姉さんです」金田朋子「蜂須賀五右衛門役の金田朋子です。

五右衛門は30文字以上のセリフが苦手で、噛んでしまいます。

もしかして、20文字ぐらいでもムリなんじゃないかと思っています(笑)。

あと、忍びの者です。

”ござる”って言っているので……」生天目「”ござる”は忍者なわけじゃないよ(笑)」金田「でも、”ござる”って忍者っぽいよね(笑)。

戦いになるとけっこうカッコよくて、小さいけれど超強いので、良晴さんを助けてあげたりしています」江口「何かあると『五右衛門、五右衛門』って助けを求めてますね」金田「危なくなると、シャシャってやってくる、可愛らしくて、カッコよいところもある女の子です」矢作紗友里「明智光秀役の矢作紗友里です。

光秀は斉藤道三の小姓だったのですが、今は信奈様に仕えています。

三日天下の人という感じなので、歴史的にはあまり良いイメージはないですが、今のところはそこまで悪い人には見えません。

ただ、ものすごくKYで、真面目なシーンでも一人で騒いだりするような女の子です。

でも、非常に頭は切れる、おデコが出ている女の子です」小倉唯「竹中半兵衛役の小倉唯です。

私が演じる竹中半兵衛は、もともと身体が弱かったり、人見知りだったりするのですが、軍師として活躍するときはすごい威力を発揮して、みんなをまとめていますし、陰陽師としては、天候まで操ってしまうほどの実力を持っています。