ティファニー日本発のブライダルジュエリー誕生、清史郎くんが初プロポーズ

写真拡大

 2012年に創設175周年を迎えた「Tiffany(ティファニー)」が、新作ブライダルジュエリー「ティファニー ハーモニー」を、6月8日に日本先行で発売する。2種類のリングは、日本からのリクエストによって誕生。発売前日の7日には発表イベントが行われ、加藤清史郎さんから女優の忽那汐里さんにプロポーズさながらのシチュエーションで「Tiffany」のブルーボックスが手渡された。 ティファニー日本発ブライダルジュエリーの画像を拡大

 「ティファニー ハーモニー」は、ブライダルジュエリーを探しに来店した顧客の要望がデザインに取り入れられた新作ジュエリー。プラチナ台にラウンドブリリアントカットのダイヤモンドが際立つ「エンゲージメント リング」と、立体的なカーブの「ウェディング バンドリング」は、重ねると互いにハーモニーを奏でるようなスタイルを生み出す。日本人好みの丸みを帯びたラウンドブリリアント ダイヤモンドは、精巧にカッティングされ優雅で気品ある印象。「エンゲージメント リング」は脇を絞ることで、石が大きく見える効果がある。年内は日本限定で販売が予定され、価格はエンゲージメント リングが20万円台、ウェディング バンドリングは11万5,500円から。 発表イベントには、女優の忽那汐里さんと加藤清史郎さんが登場。ジュエリーに合わせてウエディングドレスのような白い衣装を着用した忽那汐里さんに、タキシード姿の加藤清史郎さんが膝をついてプロポーズ。特別に用意された580万円相当の約1.5カラットリングを指にはめた忽那汐里さんは「綺麗ですね、夢が膨らみます。とても重みがあって、責任感を感じます」と話し、人生初のプロポーズに挑戦した加藤清史郎さんは「とにかく、すごく緊張しました」と照れ笑いを見せた。 全国の「Tiffany」ブティックでは、6月9日から6月24日まで「ティファニー ブライダル フェア」を開催。様々なデザイン・素材のリングを揃え、ブライダルジュエリー購入者には2人の写真が入ったオリジナルのデジタルフォトフレームカードが贈呈される。