「音とライトで方向転換を知らせる自転車用ウインカー」を発売

写真拡大

オンラインストア「イーサプライ」を運営する山陽トランスポートはこのほど、「音とライトで方向転換を知らせる自転車用ウインカー」(EEA-YW0672)を発売した。

価格は1,280円。

同製品は、警報とライトで方向転換とブレーキを知らせる、自転車用のウインカー。

8種類の警報音と、ウインカー、テールランプで相手に自分の存在を知らせ、事故を防ぐことができるという。

方向指示を出すとライトが点滅し、警報を鳴らす。

さらに、ブレーキランプを操作すると、ブレーキランプが点灯。

自動車のクラクション替わりの警報音を出せるため、昼間も有効に利用することができるとのこと。

設置方法は、ブレーキワイヤーにブレーキスイッチを取り付け、ネジで固定。

ブレーキをかけるとスイッチに力が加わり、ブレーキランプが点灯する仕組みになっている。

重量は本体80g、コントローラーが70g。

ウインカーランプは左右各2灯で、オレンジ発色のLED、ブレーキランプは3灯で、赤色発色のLED、コントローラーランプは3灯で、赤色発色のLEDとなっている。

イーサプライ本店、イーサプライ楽天市場店、イーサプライYahoo!ショッピング店の3店舗で販売中。