航空トリビア (17) なぜLCCの旅は自由度が高いのか

写真拡大

運賃が激安だとか、機内食や預け荷物が課金制だとか、低コスト航空会社(LCC)が従来の航空会社(レガシーキャリア)と違う点を挙げればキリがない。

でも、実際にLCCを使ってみると、旅行者にとって一番の大きな違いは、旅行の自由度だと分かる。

日本人の海外旅行が自由化されたのは1964年。

当時は様々な制約があり、原則的に一般旅行者はパッケージツアーでしか海外へ行けなかった。

大手旅行会社が企画するツアーで、もちろん値段もベラボーに高かった。

その後、80年代後半からエイチ・アイ・エスに代表される格安航空券を販売する旅行会社が台頭して航空券代は下がったが、自由度のなさは今でも相変わらずだ。

基本的に1社の路線しか使えないため行き先は一定の都市とルートから選ぶしかなく、乗り継ぎ便だと行きも帰りも同じ都市に寄るので効率が悪い。

必ず行きと帰りの便を購入してから出発するのもツアーが基準になっているからだ。

さらに、格安航空券は予約が確定するかどうかが旅行会社の都合で決まり、やきもきさせられるのも難点だ。

ところが、である。

LCCの航空券は片道単位で購入でき、旅程も自分で自由に決められる。

つまり、国内線や新幹線と同じ感覚で使えるのだ。

具体的にこんなケースがある。

上海でおいしい広東料理を食べ、香港でスパや高級系ホテル滞在を楽しみ、シンガポールでカジノにチャレンジし、クアラルンプールで値ごろ感のある買い物をする。

この旅をLCCですると、茨城→上海、上海→香港を春秋航空、香港→シンガポールをジェットスター・アジア、シンガポール→クアラルンプールをエアアジア、クアラルンプール→羽田をエアアジアという効率的なひと筆書きの旅ができる。

値段は時期によるが、今年6月下旬から7月上旬までの間なら、全部で約3万3,000円と激安だ。

エアアジアのように燃油代がゼロのケースもあるなど、LCCは燃油代の負担も小さい。

これと同じルートを回れるレガシーキャリアはない。

そう、ないのだ。

どんな航空会社にも乗れる、いわゆるノーマル運賃を使えば回れるが、値段がベラボーに高く論外だ。

あえてレガシーキャリアを使うなら、上海と香港の旅、シンガポールとクアラルンプールの旅と、2回に分けなければならない。

値段も高くなり、同時期で、前者が中国東方航空利用で2万1,000円、後者がシンガポール航空利用で3万8,000円、合計5万9,000円。

これに燃油代がかかる上に、2回行けば空港までの交通費は単純に2倍だ。

もちろん、レガシーキャリアの航空券で行ける都市から行き先を選ぶ、あるいは出発直前に予約をするといった工夫をしたり、さらには機内食が付いていて預け荷物も一定量まで無料という特徴を考えるとレガシーキャリアの方が安いケースもある。

ただ、自由度の高さという視点ではLCCの方が上だということである。

ネットで即予約できるので、極端な話、出発便だけ買って行き、途中で行き先を考えながら航空券を買ってもいいのだ(国によっては、帰りの便の航空券やその控えの提示を求められるので注意)。

ちなみに、LCCは片道単位の発券だから、それを繰り返して旅すればやがて地球を一周できてしまう。

航空券代だけなら、20万円台でアジア、オセアニア、北アフリカ、ヨーロッパ、北米、ハワイという世界一周旅行が実現できる。