福井のご当地ひんやりグルメ、アンテナショップ「ふくい南青山291」で販売

写真拡大

福井県のアンテナショップ「ふくい南青山291」は、夏を迎えるにあたり、福井県人におなじみの冷やすとさらに美味しい“ひんやり”食品を販売している。

館内では、気軽に福井の味覚を体験できるイベントも数多く実施している。

ご当地サイダー「ローヤルさわやか」は、1970年代に製造が開始された、福井の夏の定番の飲み物。

レトロな書体とあざやかな緑色のボトルに、白山山系九頭竜川の伏流水を使用したメロン味の微炭酸サイダーが入っている。

500mlで価格は147円(税込み)。

また、名水百選に選ばれた水源「瓜割の滝」からわき出た原水を使用した「わかさ爪割の水」は500mlで価格120円(税込み)。

「爪割」の名の由来は、あまりの水の冷たさで爪が割れてしまうほどであることから来ているという。

ブランド・ミディトマト「越のルビー」は、大玉トマトとミニトマトを組み合わせた品種で、フルーツのような甘さが特長のトマト。

一般の大玉トマトの糖度(甘さ)が平均3〜4度であるのに対して、7〜8度と約2〜3倍の甘さがある。

また、ビタミンC含有量も大玉トマトの約2倍、生活習慣病予防に効果があるリコピンも大玉トマトの約2倍含有。

シンプルにそのまま食べるほか、冷製パスタのトッピングとして使ったり、冷製スープ「ガスパチョ」にするのにも向いているとのこと。

米の甘味とうまみだけの自然な甘さの「食べる甘酒」。

スプーンですくってそのまま食べたり、薄めて甘酒として飲むこともできる。

常温でもいいが、冷たく冷やしたり、凍らせればシャーベットとしても楽しめる。

糖類・保存料は不使用。

アルコールは含まれていないので、子どもにもおすすめ。

価格は500円(税込み)。

また、福井の手作りのアイスクリーム専門店の商品「こう太郎の手作りアイス最中」も新たに入荷した。

梅、越前塩、生乳、ハス、とみつ金時、あずき、ちょこの7種類で価格は1個200円(税込み)。

6月30日、7月1日には、茄子・小松菜・フルーツトマトのような甘さの「越のルビー」を販売する「旬の野菜フェア・越のルビーフェア」を開催する。

また、291Kitchenの試食イベントとして、6月23日・24日に玄米ドーナツ試食販売、6月30日・7月1日に野菜スイーツの試食販売、7月6日〜8日にむきこみおぼろ実演販売、7月15日・16日に大麦カレー試食販売を予定している。