身内に代わり遺品を整理する「遺品整理業」開始 - 株式会社リリーフ

写真拡大

高齢化に伴うニーズの増加に対応するため、廃棄物処理業の株式会社リリーフはこのほど、近畿2府4県をエリアを対象にした「遺品整理業」を本格的に開始した。

同社の「遺品整理業」は、亡くなった方の居宅を訪ねて、身内に代わり遺品を形見分け品と供養品、リサイクル品に分けて適正に処分し、清掃までを行うサービス。

「遺品整理士」の資格を取得した担当者が、最後まで責任もって作業を行う。

遺品整理士とは、遺品整理士認定協会認定の民間資格で、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理にかかわる法規制等の知識を正しく身に付けた人に与えられるという。

「遺品整理業」は、電話受付から24時間以内に見積もり作成、48時間以内に作業に着手を行う。

迅速な対応に徹するため近畿エリアの範囲内にサービスを限定している。

発生した廃棄物は、一般廃棄物処理業免許を持つ強みを生かして責任を持って処分。

また、周辺住民に不快感を与えないよう素早い作業も心がけていくとのこと。

利用料金は部屋の広さに応じて代わり、1Kで4万円〜、2DKで12万円〜、3DKで18万円〜。

さらに同社では、「遺品整理業」だけではなく、身体能力が低下し自宅の掃除や片づけが困難な高齢者宅の整理を行う「住環境整備事業」、夜逃げなど居住者が不在になった後の部屋について残置物処理の手続きから処分まで一括で対応する「残置物整理事業」も展開する予定となっている。