根深くて気になる「お金がたまらない人の共通点」




将来の夢や安心のために、お金は常にためておきたいもの。でもお金って、ためることの大切さが分かっていても、一向にたまらないものだったりします。もしかしたら、そこには蓄財のテクニックだけでは語りつくせない、何か根深い問題があるのかもしれません。本記事では、マイナビニュース読者を対象に行った「お金がたまらない人の共通点」に関するアンケートを一部抜粋してご紹介します。



調査期間:2012/4/10〜2012/4/14

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 979件(ウェブログイン式)



■生活習慣が貧乏を招く?



「部屋が汚い人! きっとお金の管理もだらしないと思う」(24歳/女性)



「夜型の人。逆に朝型の人は生活リズムを大切にしているから、お金も計画的にためることができそう」(28歳/女性)



「飲みすぎて二日酔いになる人。自分をセーブできないということは、お金もためられないはず」(27歳/男性)



なかなか耳の痛いコメント……! でも、言われてみるとそんな気もしてきます。



■細かい浪費が貧乏を招く?



「しょっちゅうコンビニで買物する人。コンビニでいいや、という惰性的な考え方も良くないと思う」(35歳/男性)



「缶ジュースをよく飲む人。特に缶コーヒーを飲んでる人が、総じてだめな気がする」(29歳/女性)



「宝くじをほそぼそと買う人。いつか億万長者になりたいとか夢みたいなことを言ってるのは、現実が見えてない証拠です」(26歳/女性)



「はい、出直してきます!」と思った人はどれだけいるでしょうか?



■性格が貧乏を招く?



「すぐにイライラしやすい人。お金の使い方もきっと短絡的だと思う」(25歳/男性)



「性格が優しすぎる人。だまされそう」(26歳/女性)



「何にでも興味を持つ人。趣味にお金が掛かりそう」(22歳/女性)



今から性格を変えるのはなかなか難しそうですが、性格を変えればお金がたまるならがんばろうかな……という気にはなります!



筆者は上記を抜粋しながら、あれもこれも自分に当てはまるしもうだめだ! という気分になりましたが、皆さんはどうでしょうか。ただ、もうだめだという気分になったところで、お金がたまるわけではないので、人生はいろいろ大変ですが頑張りたいですよね。



(根岸達朗/プレスラボ)