イヴ・サン=ローランの所有絵画とドキュメンタリー映画公開

写真拡大

 デザイナーYves Saint-Laurent(イヴ・サン=ローラン)の生前に撮影されたドキュメンタリー映画「イヴ・サン=ローラン その波乱の人生」が、展覧会と映画をセットで楽しむシリーズイベント「LAB-CINEMA(ラボシネマ)」で公開される。生前の1994年に制作された映画で、Yves Saint-Laurentの肉声と共にコレクションの制作過程などを収録。6月16日と30日、それぞれ15時から上映され、参加は無料、予約制となっている。 イヴ・サン=ローラン生前の映画上映の画像を拡大

 映画「イヴ・サン=ローラン その波乱の人生」は、ファッションデザイナーYves Saint-Laurentの作品と、その制作現場に密着したドキュメンタリー。1994年の、同氏の遺作となるオートクチュールコレクションを背景に、Yves Saint-Laurentが個人的に所有していた数々のアートコレクションやモデル達の証言を交えて、30年に渡って世界のモードを牽引してきたYves Saint-Laurentのコレクションの軌跡を辿る。同時に、モード全体の歴史や、クリエイターYves Saint-Laurentの秘められた文学的、音楽的インスピレーションについても紹介。同氏の芸術哲学や情熱が収録されている。 「LAB-CINEMA」は、パリ・ルーヴル美術館とDNP大日本印刷による共同プロジェクト「Louvre-DNP Museum Lab(ルーヴル‐DNPミュージアムラボ)」によるシリーズイベント。現在、スペインの画家ゴヤが描いた肖像画の展覧会「ゴヤの『青い服の子供』ルーヴル美術館のスペイン絵画コレクションに入るまで」が開催されている。「イヴ・サン=ローラン その波乱の人生」は本展覧会に合わせた上映イベント。「青い服の子供」は、Yves Saint-LaurentとパートナーのPierre Bergé(ピエール・ベルジェ)がコレクションしていたもので、イヴ・サン=ローランが亡くなった後、追悼の記念としてPierre Bergéがルーヴル美術館に寄贈した作品。ルーヴル美術館のコレクションに加わってから館外で公開される、初の展覧会となる。■イヴ・サン=ローラン その波乱の人生日時:2012年6月16日(土)・30日(土)※7月、8月にも開催予定場所:東京都品川区西五反田3-5-20 DNP五反田ビル1Fホール上映:15:00〜16:00 (開場14:45/上映時間46分)/ 第9回展特別鑑賞会16:00〜(閉館 18:00)定員:各100名 (満員となり次第締切)※予約制・参加無料申込方法:ホームページhttp://museumlab.jp または、カスタマーセンター 03-5435-0880言語:フランス語(日本語字幕)