リンジー・ローハンのファンは、米LifetimeのTV映画『リズ&ディック』(日本での放映予定は未定)の放映まで待つ必要はなさそうだ。

それは、リンジーが出演する短編映画『ファースト・ポイント/First Point』(リチャード・フィリップス監督)の最初の映像が公開されたから。

この作品は6月11日、スイスで開かれるアートフェア「アート・バーゼル」でお披露目される予定。フィリップス監督がリンジーとタッグを組んだのはこれが初めてではなく、昨年は『リンジー・ローハン、ア・リチャード・フィリップス・フィルム/Lindsay Lohan - A Richard Phillips Film』が製作された。この作品同様、『ファースト...』でも水が役割の一部を担うそうだ。予告編や劇中写真はコチラからどうぞ。

フィリップス監督は今回、『リンジー・ローハン...』の共同監督を務め、サーフィン映画でも名高いテイラー・スティールや、プロサーファーのカシア・メドー、そしてダフト・パンクのトーマ・バンガルテルといったエキスパートを起用。カシアはリンジーのスタントを務めているようだ。

一方、フィリップス監督はサーシャ・グレイ(※)をテーマにした映像作品でも知られ、こちらは現代美術の展示会「ベネチア・ビエンナーレ」で公開された。『リンジー・ローハン...』や『サーシャ・グレイ』はのちに絵画のイメージにも使われ、今回の『ファースト・ポイント』をモチーフとした作品はこの秋、Gagosian Galleryで展示される。

※アメリカの元・有名ポルノ女優。映画やドラマにも出演するほか、2009年には主演を務めた映画『ガールフレンド・エクスペリエンス』が日本でも公開された。