30・40代女性の80%が節約に「興味あり」〜「貯金・節約に関する意識調査」

写真拡大

通販カタログのニッセンが運営するプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネット」は、30代・40代の女性1,755名に対して、「貯金・節約に関する意識調査」を実施した。

調査は、同サイトのメインユーザーである30代・40代女性の嗜好調査を目的として行われたもの。

現在の貯金額は「0〜100万円」と答えた人が半数以上で、貯金をする目的は「将来の生活費」という回答が最多。

30代・40代女性は「将来の生活」に不安を抱きながらも、子育てや自分自身に積極的に消費を行い、毎月かかる光熱費などの固定支出は少しでも節約したいと考えている、という動向が見られた。

節約に「興味がある」と答えた人は全体の8割を超えた。

さらに「あなたは月にいくら節約をしたいと思いますか。

」という質問に対しては、「10,000円以上」と答えた人が55%となった。

30代・40代女性の節約に対する意識の高さがうかがえる。

節約のために抑えたい費用として多く挙げられたのが「電気代」「水道代」「通信費」などのいわゆる「固定支出」と呼ばれるもので、全体の63%だった。

一方でどうしても節約できないものとしてもっとも多かったのが「子どもの養育費」。

次いで「食費」、「美容費」、「レジャー費」という結果になった。