夏のボーナスの使い道は「貯蓄する」が約8割。守りの姿勢が明らかに

写真拡大

ヘッジファンド証券株式会社は5月29日から31日の期間、夏のボーナス時期に向けた「お金にまつわる意識調査」を実施した。

調査の結果、夏のボーナスの使い道は「貯蓄」と回答した人が80.8%と、景気を反映した「守り」の姿が多いことが明らかとなった。

調査は、調査機関「株式会社ドゥ・ハウス」協力のもと、Webモニターによるアンケートという形で実施。

夏のボーナスが支給されるという20代〜60代の男女を対象に、5月29日〜5月31日に行い、473の有効サンプルが得られた。

まず「夏のボーナスについての使い道は?」という質問に対し80.8%が「貯蓄」と回答。

その理由については「将来の年金不安に備えるため」、「老後の生活費に備えるため」、「失業や収入減に備えるため」などが多く挙げられた。

ボーナスの使い道の第2位は「レジャー費」で38.9%。

「生活費の補てん」は32.3%、「ローンの返済」は21.4%だった。

また、16.5%の人は、「金融商品(株式投資など)」の購入に充てると回答しており、その理由は「将来の年金不安に備えるため」、「老後の生活費に備えるため」が多かった。

夏のボーナスで取引を行う金融商品については、「国内株式(現物取引)」が60.3%でトップ。

「株式投資信託」も根強い人気で30.8%、「FX(外国為替証拠金取引)」は23.1%だった。

また、2012年はロンドンオリンピックが開催されるが、その経済効果を狙って「金融商品を購入したいと思うか」と質問したところ、「購入したい」と回答した人は26.0%。

購入したい金融商品は「国内株式(現物取引)」が60.2%、「株式投資信託」が29.3%、「外貨預金」が18.7%と、夏のボーナスの投資先とは異なる結果となった。