国鉄色485系が日豊本線、国鉄色キハ66・67が吉都線&肥薩線を走る - JR九州

写真拡大

JR九州大分支社は7月21〜22日、企画ツアー「国鉄色列車で行く! 吉都&肥薩線ぐるり撮り旅」を実施する。

国鉄色の485系とキハ66・67を使用し、往路は大分駅から吉都線経由で人吉駅まで、復路は人吉駅から隼人駅経由で大分駅へ向かうルートとなる。

同ツアーの初日(7月21日)は大分駅から国鉄色485系車両に乗車し、7時30分頃に大分駅を発車。

宗太郎駅や宮崎駅などに停車し、都城駅で国鉄色キハ66・67に乗り換えて吉都線へ。

日本3大車窓のひとつとされる肥薩線真幸〜大畑間も走り、人吉駅には18時頃に到着する。

翌日(7月22日)は、人吉駅から肥薩線を南下して隼人駅へ。

ここで国鉄色485系車両に乗り換え、大分駅へ向かう。

今回のツアーで運行される列車は、往路と復路で異なるヘッドマークを装着して走行するという。

各停車駅での撮影会をはじめ、特製オリジナルサボや座席指定券のプレゼントなど、特典満載のツアーに。

車内ではオリジナル鉄道グッズも発売される。

募集人員は90名(最少催行人員80名)で、旅行代金は往路のみのAコースは大人1万7,000円、こども1万3,500円、復路のみのBコースは大人1万7,600円、1万3,800円、往復乗車可能なCコースは大人2万9,800円、こども2万2,000円。

なお、人吉での宿泊代は旅行代金に含まれず、宿泊を希望する場合はJR九州旅行大分支店での手配が別途必要になる。

申込みは往復はがきでのみ受け付けており、締切りは6月18日(必着)。

応募多数の場合は抽選となる。