医師が今まで勤務した施設数、約半数が「4〜6施設」と回答 - メドピア調査

写真拡大

医師コミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社は、会員医師に対して「今まで勤務した施設数」についてアンケートを実施した。

その結果、半数近くの医師は4〜6施設で経験を積んでいたことがわかった。

調査は4月13日〜4月19日にかけて、MedPeer会員医師を対象に「ポスティング調査」と呼ばれるオープン回答型のインターネットリサーチで実施した。

有効サンプル数は2,850。

「勤務した施設数」についての質問では「4〜6施設」という回答が最も多く46%だった。

中でも医局人事で、「1〜2年ごと」「2〜3年ごと」に異動するケースが多いようだ。

医師からのコメントとしては「いくつかの施設を経験することは有意義」「広い視野が身につく」といったものが多かった。

続いて「7〜10施設」と答えた医師は21%。

「経験が浅いうちに多くの施設に勤められたことがよかった」という意見がある一方、「引っ越しに金と時間ばかりかかった」「退職金で不利になる」という意見も寄せられた。

同じく「2〜3施設」と回答した割合も、21%。

「希望が通りやすい環境だった」「医局に属していない」というコメントがみられた。

また、「10施設以上」と回答した医師は10%。

「赴任して数カ月で大学の医局命令で異動。

非常勤を含めると30弱になる」という医師がいる一方、「医局員が少ないため、大学から出られない」と「1施設だけ」と回答した人は2%だった。