おばけ屋敷ゲームが現代風に、スマホ連動で映像・音・振動の演出。

写真拡大

バンダイが1980年に発売し、80万個以上を販売した大ヒットボードゲーム「おばけ屋敷ゲーム」が、新たな形で発売されることがわかった。スマートフォンとの連動遊びを加えた「絶叫!おばけ屋敷ゲーム」としてリニューアルするもので、7月7日に発売する。価格は3,780円(税込み)。

今回登場する「絶叫!おばけ屋敷ゲーム」は、かつての「おばけ屋敷ゲーム」の懐かしいゲーム内容はそのままに、スマートフォンのアプリケーションと組み合わせて遊ぶ新感覚のボードゲーム。対応するiPhone、iPod touch、Android端末に専用アプリ(無料)をダウンロードし、ボードゲームの進行に合わせてアプリケーションを起動して遊ぶと、リアルな映像・音・振動が発生し、恐ろしさが演出されるという仕組みだ。

アプリには「普通」と「怖い」の2種類の恐怖レベルを用意。プレイヤーの好みに合わせてレベルが設定できるのも嬉しいポイントだ。また、アプリのアップデートは随時行い、登場するおばけの種類やイベントの内容も更新していく。

このアプリはゲームの発売に先駆け、6月7日より体験版として配信開始。体験版ではミニゲームの体験ができる。