お笑い芸人「オモロー山下」が目黒にうどん店をオープン!『山下本気うどん』は本気で美味しいのか食べに行ってみた

写真拡大

人気芸能人がプロデュースや経営をしているお店はたくさんあるが、テレビでたくさん登場している芸能人のお店が美味しいとは限らない。

しかし味が優れていたり使い勝手がよかったりすれば、和田アキ子さんがプロデュースした豚しゃぶ店『わだ家』や、関西をメインに数店舗を構えるたむらけんじさんの焼肉店『炭火焼肉たむら』などのように大人気のお店になることがある。

そんななか一時期一世をふうびしたギャグ「オモロー!」を考案したお笑い芸人「オモロー山下」さんが東京・目黒に新しく讃岐うどん店をオープンした。山下さんといえばザンネンながらスベリキャラとして有名だが、彼が作るうどんは”すべらない味”なのだろうか? さっそく食べに行ってみたぞ!

■オープン2日目なのに12時丁度に空席あり
お店の前にはナインティナインさんや雨上がり決死隊さんなどそうそうたるメンバーから花がたくさん送られており、周りが花だらけで花壇のようになっている(笑) でも席はカウンター数席、テーブルも1席空いており全く入れないという状況ではないようだ。駅から少し歩くためだろうか。

■肉冷玉うどんと鳥天タルタルうどんを注文
ブログで小島よしおさんが美味しいと絶賛していた肉釜玉の冷やし版と思われる『肉冷玉うどん』と、店員さんオススメの『鳥天タルタルぶっかけ』を注文。値段はどちらも1000円しない一般的な設定で、芸能人の店だから割高というわけでないガチな価格になっていた。

■鳥天はサクサク!うどんの味は関西風?やや薄味
鳥天タルタルぶっかけの鳥天は超サクサクジューシー!タルタルとの相性も抜群で、それだけでかなり美味しい。ただ、うどんはやや薄味で、丸亀製麺やはなまるうどんに慣れた舌では少し物足りなく感じた。肉冷玉うどんは肉が濃い味に煮付けられていたので、調度良い味であった。

■コシのあるうどんながら細めなのでサッパリ食べられる
讃岐うどんといえば太くてかなりコシが強いうどんを思い浮かべるが、山下本気うどんのうどんは讃岐うどんとしてはやや細くなっている。そのため食欲が落ちる夏でも、ツルッとサッパリ食べられる美味しさだ。

 
総評としてはまだ改善の余地がある部分もあるものの、新宿にあるうどんの銘店『慎』で修行した、山下さんの本気が感じられるうどんになっていた。店名に”本気”とあるだけにきっと山下さんがこの店にかける情熱はハンパなものではないのだろう。いまでも十分美味しいが、今後更に美味しい本気のうどんが出せるようにぜひ頑張っていただきたいものだ。

訪問店舗:山下本気うどん
店舗所在地:品川区上大崎3-9-14
電話番号:03-3449-9234

レポーター:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocketnews24


画像をもっと見る