【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「タイムギャル」

写真拡大

レーザーディスクアニメーションゲーム!

(画像:YouTubeより)
©TAITO

「タイムギャル」は1985年に株式会社タイトーからアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。

ゲームとしては反射神経を競う感じで画面のランプが光った方向へレバーやボタンを操作すると言う感じですが…。

本作最大の特徴は「アニメーション」でゲームが進むというものです。イメージとしては今で言うところのデジタルコミックにアクションゲーム的要素を加えた感じなのですが、レーザーディスクという媒体の特質を生かしてアニメーションによって美少女レイカを動かすという内容はかなり新鮮に感じたものです。

※本作はアドベンチャーゲームとして見てもかなり良く出来ていると思われます。
TIME GAL Failure collection / タイムギャル 失敗集


このゲームの見どころはミスの場面。主人公のレイカが失敗すると各ステージで異なったアニメーションが表示されます。

ちょっとエッチ系も含まれます。しかもレイカの声優は山本百合子さん(魔法使いサリー(二代目)でもお馴染みですね!)。

当時のアニメファンはレイカを今で言うところのヴァーチャルアイドル的な感じでゲーム以外でも物販等でポスターも販売されていたそうです。

そう言えば、セガ「メガCD」用に移植された際、飯島愛さんがレイカのコスプレをしていたのですが…。

※残念ながら飯島愛さんは2008年にお亡くなりになっています。


【ライター:清水サーシャ】