どちらが美味しい!? 明石・広島のタコ対決を杉原杏璃も応援

写真拡大

3月にスタートした広島県の新観光プロモーション「おしい!広島県」の一環として広島県三原市の特産である「三原タコ」のPRが6月1日明石市役所で行われた。

「おしい!広島県」は、同県の豊富な観光資源を紹介し、その魅力をアピールするための観光PR。

いままで知られていなかった広島県の「おしい」観光資源を世に知らしめ「おいしい」観光資源に変わることを目指している。

今回の「おしい」観光資源は広島県三原市の特産である「三原タコ」。

五藤康之・三原市長と、同キャンペーンの参加メンバーである広島出身のタレント杉原杏璃さんや安田大サーカスのクロちゃんが、「三原タコ」を広める目的で、全国ブランドである「明石タコ」の産地・明石市の明石市役所を表敬訪問した。

明石市の市長である泉氏は、父親が漁師でタコに詳しいとのことだったが、「三原タコは知りませんでした」と発言。

クロちゃんは「三原タコは日本一美味しいんです!」と言い返した。

また、実際のタコのおいしさを確かめるべく、明石タコと三原タコを明石名物の明石焼き(明石玉子焼き)に調理。

2つの明石焼きを食べ比べた泉市長は「人生初の三原タコだが、明石のタコと違う感触でどちらも美味しい」と評価した。

訪問の最後は、今後タコの名産地として三原市、明石市を盛り上げていこうと、決意表明の筆を執ることに。

筆は、広島県熊野町の「熊野筆」を使用。

さらに、クロちゃんの提案で、タコのスミが混ぜられた墨を使用することになったが、杉原杏璃さんは磯の香りに驚いていた。

書いた文は「おいしい! 明石タコ」と「おいしい! 三原タコ」。

互いに交換し、タコの産地同士の交流を深めあった。