大島優子が納得の1位!〜「AKB“理想の花嫁” 総選挙」アンケート結果発表

写真拡大

レストランウエディング掲載会場数No.1サイト「ぐるなびウエディング」を運営する「ぐるなび」は、人気アイドルグループ「AKB48」とその姉妹グループの中で、総選挙に立候補したメンバーから、“理想の花嫁”を選ぶアンケート調査を実施した。

対象は、選抜総選挙の投票に行った(行く予定)「ファン層」、行かない予定の「一般層」の、どちらも含む10代〜40代の全国の男性ぐるなび会員950名。

6月6日の「27thシングル選抜総選挙」の結果発表に先駆け、“理想の花嫁”を選ぶという視点での同調査では、5月23日付の選抜総選挙の中間発表同様、1位に輝いた大島優子の人気の高さがうかがえたほか、中間結果とは異なる、特色のある結果も見られた。

選抜総選挙の中間発表でも1位を獲得していた大島優子は、ファン層、一般層のどちらからも最多の支持を集めたほか、すべての年代からもっとも多くの票を集め、堂々の1位に。

選抜総選挙で投票をするファン層からのみならず、幅広い人気が証明されたと言える。

「責任感が強そう」「明るく楽しい」という声を多く集めた4位の高橋みなみのように、トップ10に入ったメンバーの多くは、落ち着いた雰囲気や明るく朗らかな性格が支持を集める結果となった。

AKB48のファンである・ないにかかわらず、「かわいさ」や「美しさ」だけではなく、頼りになる「しっかり者」の部分や、一緒にいて安らげる落ち着きも、“理想の花嫁”に求められていると言えそうだ。

一方、10代でトップ10に入ったのは、「とにかくかわいい」という声が多く挙がった7位の渡辺麻友と、「性格がよさそう」と、明るい性格でも人気を集めた8位の指原莉乃の2名のみ。

中間発表と比較して順位を落としているものの、10代でありながら“理想の花嫁”トップ10に入る根強い人気がうかがえる。

今回の“理想の花嫁”総選挙では、AKB選抜総選挙の中間発表と比較して、3名の大躍進が目立った。

26歳とメンバー最年長の篠田麻里子(中間発表6位)は、選抜総選挙に行かない「一般層」から特に絶大な人気を集めたことで2位に輝いた。

アンケートでは「背が高く美しい」といった回答と共に、「気が利きそう」「しっかり者」などのコメントが。

その美しさと「性格がよさそう」と人気を集めた5位の小嶋陽菜(中間発表11位)は24歳、「責任感が強そう」「気配りができる」などのコメントを集めた9位の秋元才加(中間発表32位)は23歳と、平均年齢が約21歳のAKB48では“お姉さんキャラ”と言える。

優しく、しっかりとしていて落ち着いたイメージが、“理想の花嫁”につながったようだ。