独身者に聞く、結婚後の世帯年収最低ラインは?

写真拡大

結婚相手紹介サービスのツヴァイはこのほど、全国の独身者を対象に結婚への意識調査を実施し、その結果を発表した。

調査は2月9日〜17日、全国の20代〜60代の独身かつ結婚意向のある男女1,000人を対象にインターネットで行われた。

結婚意向について聞いたところ、「3年以内に結婚したい」が13.2 %、「いずれは結婚したい」が62.5%で、中でも若年層ほど結婚願望が高かった。

また、女性に比べて男性の結婚意識が高く、60代でも40.6%が「いずれは結婚したい」と答えた。

また、独身男女の6割は恋人がおらず、その傾向は女性56%、男性68%と男性の方で強かった。

結婚相手に求めることとしては、「性格・人柄」(76.9%)、「価値観が合うこと」(57.0%)、「愛情」(33.9%)と続き、内面的な条件が目立った。

結婚相手に求める価値観としては「気遣い・思いやり」(76.8%)や「金銭感覚」(75.1%)があがった。

最低でも必要な世帯年収は「300万から600万」がボリュームゾーンで、平均は53.1万円となった。

エリア別では関東が最も高く577.4万円、最も低いのは北海道・東北で472.3万円だった。

また、結婚相手の年齢差として許容できる範囲は、上限年齢平均では男性13.2歳、女性12.2歳と差がなかったが、下限年齢平均では男性15.3歳、女性10.4歳と男性に年下女性を好む傾向が見られたとのことだ。