浮気している彼氏に罪悪感を与えるちょっとした言動




「彼氏が浮気をしている気がするけど、証拠がない!」そんなときには、相手に罪悪感を与える方法を実践するのが効果的? 彼女のこんな一言、こんな行動で罪悪感を持った! という、浮気経験アリの男性たちの声を集めてみました。彼氏に釘を刺したい女性、必見です!



■信頼しているアピール



「彼女から『あなたって本当にいちずな人で信頼できる』『あなたが浮気する人じゃなくて良かった』とか、無邪気に言われるとツライ。その後彼女の寝顔を見ながら、浮気はやめようと誓った」(30歳)



信頼を失う代償は大きいもの。真っすぐに信じてくれる彼女を、傷つけないようにしてくださいね。



■浮気の悲しさアピール



「芸能人の浮気報道を見ながら、彼女がとっても悲しそうな顔で『浮気って、本当に最低……すごく悲しい行為だよね』と言っていた。その横顔を見て胸が苦しくなった」(29歳)



相手を本当に幸せにしたい! と思うなら、浮気はすべきじゃないですね。自制心が大事!



■器の大きさアピール



「『あなたが浮気したら、それは私の責任だね……』と寂しげに言われたとき。浮気はする方が悪いのに、自分の責任だと言う彼女がすごくけなげで器が大きく見えた。この一言が妙なプレッシャーになっています」(32歳)



浮気をする方を一方的に責める女性が多い中、このセリフを言える女性はカッコイイです。



■献身行動でアピール



「以前、彼女との同棲中に浮気をしていました。僕の帰宅が遅くなったり、彼女とのコミュニケーションが減るなどの行動があっても問い詰めず、淡々と家のことをやり、尽くし続けてくれた彼女。その態度を見ていたら、罪悪感が芽生えました」(28歳)



良心がある彼ならば、罪悪感をどんどん大きくしていくことでいちずな気持ちを取り戻してくれるのでしょうか。



そもそも誠実で浮気をしない相手を見つけたいものですが、好きになってしまったら浮気疑惑があっても簡単に別れられるものではありません。「男は浮気をしていても、本命に対する愛情が薄らいでいるわけではない」(26歳男性/制作)なんて意見もありましたが、男性の浮気に悩み傷つく女性は多いと思います。相手に罪悪感を与えるのは、怒りぶつけたり問い詰めたりするよりも浮気防止にある程度効果がありそうなので、ほどよく実践していきたいですね!



(桜まゆみ+プレスラボ)