ライアンとサンドラ 写真:ロイター/アフロ

写真拡大

最近ではクリスチャン・ベールがドリュー・バリモアとのデートを告白したことが話題となったが、デートに関していえば、ハリウッドは『ゴシップガール』のように内輪であれこれ展開するのは珍しくない。

そこで<Huffington Post>では、意外とも思われる過去のカップルをピックアップしてみた。

ライアン・ゴズリング&サンドラ・ブロック
2002年から2003年にかけて交際していた2人。ライアンは昨年のインタビューで、「これまでに素晴らしいガールフレンドが2人(サンドラとレイチェル・マクアダムス)いた」とコメントしている。果たして現在の恋人、エヴァ・メンデスはどう思っているのか?

ロジャー・エバート&オプラ・ウィンフリー
アメリカの大御所映画評論家ロジャーと、昨年まで25年間、『オプラ・ウィンフリー・ショー』の司会を務めていたオプラ。2人は、お互いにシカゴで駆け出しだった時代に2度デートしたという。ロジャーは2005年、「そうだよ。(デートしたのは)本当だよ。私はオプラに、世界で最も成功を収め、有名な女性になってくれと言ったんだ」と話している。ロバートの言葉通り、オプラは『フォーブス』誌の「最もパワフルなセレブ」リストの常連となった。

ランス・アームストロング&アシュレイ・オルセン
ケイト・ハドソンの元恋人として知られるランスだが、2007年には15歳年下のアシュレイ(当時21歳)とニューヨークのバーでイチャイチャしていた。

キャメロン・ディアス&マット・ディロン
ハリウッドきっての恋多き女の異名をとる(?)キャメロンとマット。コメディー映画『メリーに首ったけ』でも共演したが、公開年の1998年に3年間の関係にピリオドを打った。

シャイア・ラブーフ&ヒラリー・ダフ
中でもかなり意外なのが、シャイアとヒラリーの2人。シャイアはヒラリーとのデートを"お互いにとっておそらく、最悪のデートだったと思う"と振り返っている。2人に一体、何があったのか。

エマ・ストーン&キーラン・カルキン
今でこそ、『アメイジング・スパイダーマン』の共演者アンドリュー・ガーフィールドと絶賛恋愛中のエマだが、ブレイク前には2009年の映画『ペーパー・マン/Paper Man』の撮影で知り合ったキーランとの交際がウワサされていた。ちなみにキーランの兄マコーレー・カルキンは、2002年から2011年までミラ・クニスと付き合っていた。

ビリー・コーガン&ティラ・テキーラ
スマッシング・パンプキンズのフロントマン、ビリーとアジア系セクシータレントのティラの熱愛はかなり意外だった。が、その終わりも非常に早かった。

モービー&ナタリー・ポートマン
モービーによると、ナタリーと自分の関係はオタクの怒りを買ったという。「ルーク・スカイウォーカーの母親(=パドメ・アミダラ)とデートして、かなり恨まれるのはやめたほうがいいね」と、モービー。

アラニス・モリセット&ライアン・レイノルズ
ブレイク・ライヴリー、そしてスカーレット・ヨハンソンの前に、ライアンが付き合っていたのが歌手のアラニス・モリセット。2人の関係は2002年から2007年まで続き、婚約までしていた。アラニスはのちに、自身のアルバム『Flavors of Entanglement』はライアンとの破局についてだと認めている。

<1回のデートでクリスチャンを振ったドリュー>