ファーストリテイリング会長兼社長 柳井 正 やない・ただし
(PANA=写真)

写真拡大

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長と永守さんは、ファッションとモーターと分野はまったく違うが、一代で日本を代表する企業に成長させた名経営者である。ソフトバンクの孫正義社長も交えた3人で、真剣な意見交換をしているという。

1年間で顕著な活躍をした、優れた創業経営者を顕彰する「2011年度 第13回企業家賞」に審査委員長として出席した永守さんと柳井さんに、尊敬できる経営者とは誰か、と控え室で尋ねた。まず柳井さんが口火を切る。

「僕は偏見かもしれないけど、例えばベンチャービジネスの経営者ってあんまり信用できない。事業に対して、一生思いが続くかどうか。ほとんどの人が、途中で自己満足してしまったり、飽きてしまったりするんです。世の中、楽しいことが多いから、そっちにスッと、いってしまう。それで言い訳する。そうなったらもうダメ」

と、その言葉に永守さんが反応した。

「(ちょっと会社が大きくなると)綺麗な女性が寄ってくる。それで身を滅ぼす。六本木辺りにある会社、地方出身のベンチャーにその傾向が強い」

「それと、もうひとつやっぱり、つるんだらダメです。やっぱりうまくいってない人は、うまくいっていないベンチャー企業ばっかりでつるんでいる」(柳井さん)

「つるんではいけない。仲良しクラブになっちゃう。IPO(新規株式公開)して、5年から10年、いろんな誘惑に乗らないで仕事するという気持ちを持っていけたら、これから日本の経済はさらに伸びていける。

政治がいい加減ですから日本は。ですから企業側がしっかりしないといけない。この政治で企業家がダメになったら、日本は完全にダメになる」(永守さん)

「永守さんは、僕の先生です。永守さんほど、一生懸命仕事をしている人はいない。話が面白いのだけど、本質を突いているし、人を元気にさせる。そういうところが、僕は素晴らしいな、と思う。尊敬する人、というお尋ねだったけど、そういう意味で、僕が尊敬する人は、永守さんぐらいしか思いつかない」(柳井さん)

11年10月の日曜日、日本電産グループにこの春、入社した新入社員の半年研修が行われた。

実は、この新人社員だが、入社した4月から厳しいことを言われている。日本電産グループの入社式。永守さんは、3月11日の東日本大震災で被災したばかりの従業員に対し、「家は大変だろうけど、片付けは後回しにして工場の復旧を手伝ってほしい」と、指示をした。びっくりしてしまうような過酷な指示だが、永守さんは、その指示の真意をこう話す。

「『しばらくは出社しなくていい』としたあとに解雇されるのと『無理してでも出社してもらって仕事を続ける』のは、果たしてどちらが本当の優しさなのか。

日本のものづくりが世界のサプライチェーンから外される前に、歯を食いしばって、一刻も早く生産を再開すべきだと思った」

嫌なことのあとに2倍よいことがある

永守さんは、入社半年の新入社員にピンチをチャンスに変えることの重要性を説いた。

「一番大事なことは『会社は一人でやっているのではない』ということ。何百人とか何千人とか何万人のチームプレー。グループ全体でいけば15万人の全社員が危機感を共有することが大切です。

タイの洪水で、ほかの会社は生産が再開できずお手上げだった。しかし日本電産グループは違った。クレーンをはじめ、必要な機械全部を取り出して、ほかの国に持っていく。他社よりとにかく早く生産を再開させる手を考える。だからお客さんが8割のシェアをくれる」

11年は震災に始まり、円高、タイの洪水など厳しい1年になった。しかし永守さんはその都度、「困難をチャンスに。困難は必ず解決策をつれてくる」とメッセージを発信してきた。

「グローバルで仕事をすると、リスクもどんどん大きくなる。洪水のようにリスクがやってくる。リスクがやってくるたびに会社はチャンスをつかんでいる。困難はしんどいけど、嫌なことがあったら2倍いいことが返ってくる」

どんどん声の大きくなる永守さん。声を枯らして日本電産の「熱血DNA」を、新入社員に叩き込む。

「営業して断られると、この客ダメだな。次からは行かないでおこうと思う。でもそこでもう一回だけ行く。機械ならもう一回試作してみよう。もう一回計算してみよう。あともう一回。競争相手やライバルが諦め投げて逃げたらもう一回だけ行く。成功の道とは、この一歩のことなんだ。『ネアカ・イキイキ・ヘコタレズ』。この言葉、覚えとくように」

「永守重信」とはこういう人間だ!と断定できるような了見を私は持ち合わせていない。しかし、失礼を承知で申し上げるならば、私はこれほど純粋で明るい人を見たことがない。自分がやりたいことをやりたいようにするには、人と同じような努力ではダメなのだ。だから365日、1日16時間働く。手抜きすることもない。社内のみならずマスコミにも厳しい。

つい先日、永守さんと久しぶりに立ち話をした。そこで一言「おい!あの番組の続編はつくらないのか?」。最大の褒め言葉をいただいたと勝手に解釈している。

※すべて雑誌掲載当時