ポルシェ、911・カイエン・パナメーラの2013年モデルを6/15受注開始

写真拡大

ポルシェ・ジャパンは15日より、911 モデルレンジ、カイエン モデルレンジ、パナメーラ モデルレンジの2013年モデルの受注を開始する。

中でも911はフルモデルチェンジした991型の予約開始となり、人気を集めそうだ。

おもなモデルについて紹介すると、「カイエン GTS」は「カイエン S」のエンジンをベースに420PSまでパワーアップしたV8エンジンを搭載。

8速ティプトロニックSとの組み合わせで、0〜100km/hにおける加速は5.7秒。

同時に燃費は10.7リットル/100kmを達成している。

「パナメーラ GTS」は強化されたブレーキ、10mm低い車高、エアサスペンションなどが特徴のスポーティなグランツーリスモ。

快適なだけでなく、サーキットでも優れた走りを見せる。

エンジンは4.8リットルの自然吸気V8で、「パナメーラ S / 4S」より30PS高い4,320馬力を発生する。

パワートレーンはPDKと4WDシステムの組み合わせだ。

燃費は10.9リットル/100km。

911は90%のコンポーネンツを一新した完全な新型に。

エクステリアは現行モデルの997型と似ているが、中身は大幅に進化している。

シャーシはアルミとスチールを組み合わせたインテリジェント構造で大幅な軽量化を達成。

エンジンはもちろん水平対向6気筒だが、3.4リットルと現行モデルより排気量が小さくなった。

しかし最高出力はカレラが350PS、カレラSが400PSとパワーアップしている。