パリのエシカルジュエリーブランド「JEM(ジェム)」日本初上陸

写真拡大

 エシカルマインドを取り入れたフランス・パリのジュエリーブランド「JEM(ジェム)」が、2012年秋冬シーズンより日本に初上陸する。原材料にリサイクルされたゴールドやダイヤモンドを使用するなど、原産地の限界埋蔵量に配慮したジュエリーを展開。フランスの伝統的な職人技術を継承し、小さな工房で一点一点ハンドメイドでジュエリーを製作している。 エシカルジュエリーが日本初上陸の画像を拡大

 「JEM」は、創設者エルワン・ル・ルエールにより2008年にフランスで設立。通常の取引価格よりも約15%高く南米の金鉱のゴールドを買い取ることで、現地の採掘者の社会的自立をサポート。また、金を薬品を使わずに精製することで現地住民の健康を配慮するなど、エコでエシカルな5つのジュエリーコレクションを展開している。ブランドのクリエイティブ・ディレクターは、パリのセレクトショップ「colette(コレット)」の元PR兼責任者のネデジ・ウィンター、建築家のインディア・マハダヴィ、ジュエリーブランド「MACHALKA(ミシャルカ)」のローレンス・カルファとイザベル・エンシニアの3組。「colette」や「merci(メルシー)」、ロンドンの「DOVER STREET MARKET(ドーバーストリートマーケット)」など、世界の高感度ショップで販売されている。  エシカルな思いを取り入れた「JEM」の日本上陸は、2012年9月を予定。参考価格は、リングが40,000円〜、ブレスレットが20,000円〜、ネックレス70,000円〜。■JEM URL:http://jem-paris.com/