写真誌「フライデー」(講談社)6月15日号で、千葉・九十九里で夫婦仲良くサーフィンを楽しむ貴重な写真を報じられた、キムタクことSMAPの木村拓哉と歌手の工藤静香夫妻。「2人で出かける際には、キムタク家族の自宅近くにある工藤の実家に子どもを預けている。工藤の実家は、キムタク夫妻の子育てを全面的にバックアップしている」(女性誌記者)というが、一方でキムタクの母親と夫妻の間には深い溝があるのだという。

「キムタクの母・木村方子さんは若くして専業主婦になったため、キムタクとキムタクの弟のアメフト選手が自立すると、自分で川崎市内にイタリアンレストランを出店。そのレストランは2009年に閉店したが、今度は子育てや精神世界をテーマにして講演活動を始めた。その際、“キムタクの母親”というのを前面に押し出していたため、今から2年ほど前にジャニーズ事務所が『木村の名前は出さないでくれ』とクレームを入れたことがある。すると、方子さんは『息子は息子、私は私』と、まったく取り合わなかった」(同)

 その後、週刊誌で講演活動の内容が報じられたが、「言霊(ことだま)」の力を崇拝し、「『いただきます』と3回声をかけた塩のほうがまろやか」と力説したり、昨年の震災以後は「放射能には味噌が効く」と科学的な根拠に関しては疑問符が付く持論を展開。

 しかし、このところ、新たな活動に取り組んでいるという。

「昨年、全国に7,000カ所以上あるといわれる、限界集落の再生を目指して一般社団法人『ふる里再生協会』を設立し、会長に就任。先月、会報の創刊号に掲載された対談では、『親子はそもそも仲良しさんではなく、あくまで親と子。(中略)親としての自覚が足りず、子どもからの反応を過剰に怖がる人が多い』などと、まるでキムタク夫妻に向けているかのような持論を展開。現在は同協会の活動で全国各地を飛び回っており、活動の一環として、テレビに登場する日も近いのでは」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、方子さんのプロフィールにはしっかりと「ご長男はSMAPの木村拓哉さん」の文字が躍っているだけに、キムタクの存在があってこそ、自身にも仕事が舞い込んでいるような気がするのだが……。