TV画面占有しない「Wii Fit U」、歩数管理などを行う小型端末が付属。

写真拡大

任天堂は6月6日(現地時間5日)、米ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市「E3」でプレゼンテーションを行い、年末に発売する新型ゲーム機「Wii U」向けソフト「Wii Fit U」を発表した。

「Wii Fit U」は、2007年にWii向けに発売され、日本で350万本以上、世界で2,200万本以上売り上げた「Wii Fit」、2009年に発売され、日本で230万本以上、世界で2,000万本以上を売り上げた「Wii Fit Plus」に続く新作。「Wii Fit」で使用したバランスWiiボードはそのまま「Wii Fit U」でも使用できる。

新作も従来のシリーズと同様に体を使って遊ぶミニゲームやトレーニングメニューを用意。「Wii U GamePad」の画面だけでもプレイできるため、例えばリビングの大画面で家族がテレビを見ていてもエクササイズできるのは特長の一つだ。

また、小型端末「フィットメーター」が付属。「Wii U GamePad」と赤外線通信で情報を交換・管理できるほか、単体で持ち歩いて歩数をカウントしたり、カロリー計算などもできる。