「Wii U GamePad」の詳細公開、バッテリーは約3時間〜5時間持続。

写真拡大

任天堂は6月6日、年末に発売する新型ゲーム機「Wii U」の概要を更新し、本体と「Wii U GamePad」の詳細なスペックを公開した。

「Wii U」本体は高さ約46×幅約172×奥行き268.5ミリの大きさで、重量は約1.5キロ。CPUはIBM社製(IBM Powerを基にしたマルチコアプロセッサー)、GPUはAMD社製(AMD Radeonを基にした高精細度GPU)を搭載し、ストレージは内蔵フラッシュメモリーに加え、SDメモリーカードや外付けUSBストレージを利用することができる。USBはUSB 2.0端子×4(前面2、背面2)搭載した。

コントローラーは「Wii U GamePad」のほか、現行機「Wii」のWiiリモコン、Wiiリモコンプラス、ヌンチャク、バランスWiiボードなど、あらゆるWii用コントローラーに対応。「Wii」との互換性はソフト(一部除く)、周辺機器(一部除く)が利用可能だ。

「Wii U GamePad」は縦約133.4×横約255.4×厚さ約41ミリの大きさで、重量は約500グラム。画面は6.2インチ液晶(画面縦横比:16:9)タッチスクリーンで、入力操作はタッチやスティック、ボタンのほか、加速度計、ジャイロセンサー、地磁気センサーの利用によるモーションコントロールを提供する。

本体には入力操作系のボタン以外に電源ボタン、HOMEボタン、シンクロボタン、ボリューム(Wii U GamePadの音量調整)、TVコントロールボタンを搭載。そのほか振動機能、内側カメラ、マイク、センサーバー、非接触の近距離無線通信によって電子的にデータが読み書きできるNFC機能を備えた。

バッテリー持続時間は画面の明るさや使用状況によって異なるが、目安として約3時間〜5時間。Wii U GamePad ACアダプターを接続することで、充電しながら遊ぶこともできる。充電時間は約2時間30分。