とびきりの笑顔写真を募集「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012」開催

写真拡大

社団法人日本歯科医師会は、6月4日から始まった歯の衛生週間にあわせ、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012」をロッテ協賛のもと開催。

「『いい歯で、いい笑顔』を日本中に。

」をキャッチフレーズに、全国から「とびきりの笑顔」の写真を募集する。

募集期間は9月30日まで。

同コンテストは、日本歯科医師会と厚生労働省が推進する「8020(80歳になっても20本以上自分の歯を保とう)運動」の一環として開催。

歯科医療への正しい理解を促進するとともに、笑顔の大切さをあらためて伝えることを目的としているという。

日本国内在住であれば、プロ・アマ、年齢、性別関係なく、何作品でも応募できる。

プリントやCD-Rなどのメディアでの応募に加え、携帯電話やスマートフォンからデータで直接応募することも可能。

グランプリ1点と入賞7点が選ばれ、11月8日の「いい歯の日」に授賞式およびオフィシャルサイト内での発表が行われる。

審査委員長は写真家の浅井愼平氏。

また、全国の日本歯科医師会会員が「笑顔が素敵な」著名人を選ぶ部門も同時に開催。

昨年は、女優の武井咲と、プロサッカー選手の三浦知良が受賞している。