結婚式二次会の会費・演出にもご当地色があった!―ぐるなび調べ

写真拡大

「ぐるなびウエディング」を運営するぐるなびではこのほど、結婚式の二次会幹事経験がある20歳〜39歳の全国の男女853人に、会費および演出に関するアンケートを実施。

エリアによって会費の差、演出の違いなど、ご当地色が浮かび上がった。

まず、結婚式二次会の一人あたりの会費をたずねたところ、全国平均は男性5,168円に対し、女性4,619円。

男性が女性より549円多く、「男性は多め」は慣習のようだ。

男女の差額で見ると、最も小さかったのは北海道ではわずか100円。

最も大きかったのは関東で875円だった。

エリア別の平均会費では、男女ともに北海道が一番安かった。

北海道では、披露宴が会費制の「結婚祝賀会」という形式が多く、会費も1万円台半ばと他エリアのご祝儀相場の2〜3万円に比べて安い。

二次会でもゲストから高いお金を徴収することに抵抗があるのかもしれない。

次に、結婚式二次会で実施した演出についてたずねたところ、約6割が「ビンゴ」と回答。

全国定番の演出となっているようだ。

一方、「シャンパンタワー」は、全国ではわずか1割にもかかわらず、東北では約3割の人が経験していた。

また、北海道は、二次会で「カラオケ」を行う人が他エリアに比べて多い。

北海道の結婚式は、かしこまったものではなく、みんなで楽しむカジュアルな雰囲気がうかがえる。