東京都杉並区のライブハウスで5月13日に行われ、波紋を呼んでいる人肉食イベントが、日本より早く、海外メディアで詳しく報じられていたことが分かった。

英国紙「Daily Mail」は、5月25日付けの記事で同事件を紹介し、「男性は性転換を目的とするのではなく、無性(asexual)である」とした。同記事は英国のネットユーザーの間でも物議を醸しており、コメント欄には253件ものコメントが寄せられている。

「世の中には確実にイカれた人間がいる」「不景気の影響だ」「今日って4月1日だっけ?」「日本に1年半住んだことがある。人もいいし、大好きだったがたまに変なことが起きる」など、イベントの内容に驚く声から、「食欲を失った」「私自身無性だが、これはおかしい。無性とは性的興味を持たない状態を意味するものでこんなこととは関係がない。これは単なる身体醜形障害だ」といった批判的なものまで様々な意見が寄せられた。

【関連記事】
<人肉食イベント?> 杉並保健所が調査を開始
「日本で人肉食イベントが開催された!」韓国に衝撃走る
男性器を食べるオフ主催者、警察・メディアから取材が殺到中『反社会的イベントではない』 

【関連情報】
  Japanese man, 22, cooks his own genitals and serves them up to paying guests at a dinner party Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2149879/Japanese-man-22-cooks-genitals-serves-paying-dinner-party-guests.html#ixzz1wu5gdhXC (Daily Mail)