「BOBSON」ブランドのジーンズメーカー、ボブソンが破産手続き開始決定

写真拡大

帝国データバンクの大型倒産速報によると、ジーンズメーカーのボブソンは、6月1日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は平山隆幸弁護士(新宿区新宿2-9-22、電話03-5363-7391)。

債権届け出期間は7月6日までで、財産状況報告集会期日は9月25日午前10時。

帝国データバンクによると、ボブソンは、2009年8月に経営コンサルなどを手がけるマイルストーンターンアラウンドマネジメントの出資により、旧・ボブソンが手がける「BOBSON」ブランドの企画・製造・販売を引き継ぐ目的で設立。

2009年10月に事業譲渡に関する契約を締結、同年11月に正式に事業譲渡され営業を開始した。

旧・ボブソンは、1948年6月に創業、1950年12月に法人改組されたジーンズメーカー。

「BOBSON」ブランドで高い知名度を誇り、レーヨン素材のジーンズ製品で人気を集め、技術開発力にも定評があった。

1992年にはJリーグのオフィシャルスポンサーを務めるなど、話題づくりにも注力。

直営店などによる小売りも手がけ、2005年5月期には年売上高約128億円を計上していたという。

だが、帝国データバンクによると、近年は激安ジーンズの登場により、価格競争が激化。

販売不振から旧・ボブソンはボブソンへ事業を譲渡し、その後は、新生ボブソンとしてブランドイメージの再構築を図るとともに採算性を重視して、得意先の選別や百貨店への販売を強化。

4カ月の変則決算となった2010年2月期の売上高は約10億円としていたというが、「経営環境は好転せず、2011年5月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請していた」(帝国データバンク)。

その後、同年12月7日には再生手続き認可決定を受けていたものの、「今回、再生計画が遂行される見込みがなくなり、今年4月26日に再生手続き廃止決定を受けていた」(帝国データバンク)。