67%の娘が「父親の口臭が気になる」と回答 - 父親のニオイに関する意識調査

写真拡大

グラクソ・スミスクライン株式会社は、全国の娘がいる50歳以上の父親と50歳以上の父親がいる娘の合計1,000人を対象に、父親のニオイに関する意識調査を実施した。

調査の結果、父・娘とも最もニオイが気になるのは「口臭」という結果が出た。

調査は5月21日・22日の2日間、娘がいる50歳以上の父親516名(50代206名、60代155名、70代155名)と50歳以上の父親がいる娘515名の計1,031人にインターネットで実施した。

娘が父親に気をつけてほしい身だしなみで最も多いのは「ニオイ」で72.4%が回答。

最も気になるニオイは「口臭(66.8%)」だった。

実際に父親が気をつけている身だしなみで最も多いのも「ニオイ(72.3%)」で、最も気になるニオイは「口臭(80.2%)」という結果になった。

「父親の口臭が気になる」と回答した娘の半数以上は、口臭が原因で父親を避けたこと(もしくは、避けたいと思ったこと)があると回答している。

特に「会話をしている時」「同じ車に乗っている時」に気になるようだ。

一方、父親の方も9割が、「何らかの口臭予防・対策をしている」と回答。

認識している口臭の原因として、「歯の汚れ(47.0%)」「歯疾患(46.2%)」「加齢(45.9%)」がトップ3。

娘の方も、そのような父親の口臭予防・対策に対して93.4%が応援しているという結果が出た。