瀬戸朝香&内田恭子、「Audi A1 Sportback」発表会で”子育てとクルマ”語る

写真拡大

アウディ ジャパンは4日、都内で「The new Audi A1 Sportback」記者発表会を開催した。

新モデルのプレゼンテーションのほか、女優の瀬戸朝香さん、フリーアナウンサーの内田恭子さんを特別ゲストに招いてのトークセッションも行われた。

同日に発売された「Audi A1 Sportback」の概要については本誌既報の通り。

新モデルのターゲット層として、自分の価値観を大切にしながら高い審美眼を持つ「Urban egoist」(アーバンエゴイスト)なニューファミリーを想定し、個性的なスタイルと高い実用性で新たな価値を提案するという。

アウディが想定する”ニューファミリー”の代表として登壇した瀬戸さんと内田さんは同い年。

ともに2歳児の母親という共通点もあり、イベントでは「ママトーク」を展開した。

「最近、自己主張が激しくなったり、イヤイヤが始まったりして、毎日バタバタしています」(内田さん)、「イヤイヤがあったり急に泣いたりで、『魔の2歳児』来たか……、と感じる瞬間もあります。

でも成長を見るのは楽しいし、何をしたいのか考えながらいつも接しています」(瀬戸さん)と子育てについて語った。

瀬戸さんも内田さんも、現在は買い物や子供の送り迎えなどで日常的に車を利用するという。

瀬戸さんはもともと運転が好きで、「昔から気分転換といえばドライブでしたし、実家の愛知県まで車で帰ることも。

『すごい距離だよね』と言われることもあるけど、自分としてはそんなに遠くもなく、程よい距離かなと思っています」とコメント。

「家族と一緒のときは誰が運転する?」と報道陣に聞かれたときも、「運転が好きなので、私が運転していますね」と答えていた。

内田さんが免許を取得したのはフジテレビアナウンサー時代の2005年。

いまでは生活に欠かせない存在とのことだが、周囲はいまだに彼女のドライブテクニックを不安視している様子。

「実家から遊びに来た母を車で送るときも、『家に帰ったら電話ちょうだい』って、母が私に言うんです。

どっちが送っているのかわからないですよね」と苦笑いを浮かべていた。

車選びのこだわりについて聞かれると、「女性でもかっこよく乗れる車だと、運転していて気持ちいいし、運転が楽しくなりますよね」(内田さん)、「私も内田さんと同じでかっこいい車が好き。

あとは安全性もしっかりしたものがいいですね」(瀬戸さん)との答えが。

内田さんは「Audi A1 Sportback」について、「コンパクトな車なのにスマートで、『かわいらしい』より『かっこいい』という言葉がぴったり。

すごくいいなと思いました」と述べていた。