「相鉄JAZZトレイン」に向谷実氏が登場 - 旅客列車が走らない厚木線も走行

写真拡大

相模鉄道は7月14日、特別列車「相鉄JAZZトレイン2012」を運行する。

二俣川駅を出発し、普段は旅客列車が走らない厚木線を経由し、再び二俣川駅に戻る約1時間30分の旅となる。

3年目を迎える今年、初めて午前・午後の2部制とし、ペア160組320名を無料招待する。

「相鉄JAZZトレイン」は、車内でジャズの生演奏が楽しめる特別列車。

今年の出演バンドは計4組で、うち2組を観覧できる(応募の際に選択可能)。

今回は日本を代表するキーボード奏者であり、熱狂的な鉄道ファンとしても活躍する向谷実氏も出演。

イベント当日、向谷氏らは二俣川駅コンコースでのジャズライブでも演奏を披露する。

これに関連し、7月上旬から向谷氏の制作したジャズ曲が相鉄線二俣川駅の列車接近メロディに採用され、8月中旬まで上下線ホームで流れる予定だ。

「相鉄JAZZトレイン2012」は午前の便が9:30〜12:30、午後の便は14:30〜17:30の予定。

無料招待への応募ははがきにて行う。

代表者および同伴者の氏名・年齢・性別・郵便番号・住所・電話番号・観覧希望グループ(「A」向谷実とメロディーズ / スカラベ、「B」Higu”P”トリオ / 小川聡一郎カルテットのいずれかを選択)・希望時間(午前または午後)を記入し、応募する。

締切りは6月21日(当日消印有効)。

応募多数の場合は抽選となる。