年の数だけ手羽先がもらえる! EN別邸江田店、リニューアルオープン

写真拡大

スタイルの違う18業態18店舗を展開するキープウィルダイニングは、「地産地消×産地直送」をコンセプトにした「EN別邸 江田店」を5月16日、リニューアルオープンさせた。

これにともない、「誕生月に年の数だけ手羽先がもらえる!」特別キャンペーンを7月31日まで行う。

キャンペーンの参加方法は、来店時に自分への「バースデー・カード」を記入するだけ。

誕生月になると、記入された住所にバースデー・カードが届けられ、それを持参して店に行けば、年の数だけの手羽先の揚げ物をプレゼントされるという。

50歳なら50本の手羽先が山盛りになって無料で提供される。

同店のコンセプトは「地産地消×産地直送」。

オープンキッチンのショーケースに並ぶ鮮魚は、神奈川県三浦半島の松輪港から運ばれるものだ。

同港は魚の“一本釣り”で知られ、大量に水揚げされる“網獲り”よりも、素材が傷まないためにおいしいという。

朝釣れた新鮮な魚は、日替わりの刺身や炉端焼きなどで楽しめる。

また、EN別邸風にアレンジにした全国のご当地メニューは10種類以上に及び、秋田の「いぶりがっこ(504円)」、新潟の「もちぶた野菜せいろ蒸し(714円)」、大分の「大分名物とり天(714円)」などがある。

地元野菜の“木桶(きおけ)売り”も同店の一押しだ。

内容は、神奈川県秦野産の無農薬野菜をはじめ、三浦の「シルク南瓜」、東京の千住市場でしか取引されていない「千住ネギ」、日本一甘い「淡路の玉葱」など、産地直送の新鮮なこだわり野菜が揃う。

そのほか、九州から直送される「知覧赤たまご」や、新潟・魚沼の特A区「塩沢産」のコシヒカリを店内の強火の釜戸で一気に炊きあげた白飯も用意されている。