【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ミステリーゴールド」

写真拡大

ぴゅうた版「ディグダグ」

(画像:YouTubeより)
©TOMY

「ミステリーゴールド」は1983年にトミー工業(現 タカラトミー)の「ぴゅう太」用としてリリースされたアクションゲームです。

ゲームとしてはナムコ「ディグダグ」に似ている感じで、画面上の宝物を全て回収して、敵を全て倒すと1面クリアとなるシステムです。

なお、「水脈」という攻撃方法(「ディグダグ」における岩落としのようなもの)があり、これによってまとめて敵を倒す事が出来ます。

「ミステリーゴールド」は1983年の家庭用ゲーム機としては、そこそこ良い水準の出来だったのでは?と感じてます。
ミステリーゴールド ぴゅう太


「ミステリーゴールド」はゲームとしての完成度はナムコ「ディグダグ」よりは劣るとは言え「水脈」というアイデアは面白かったと思います。

※但し、敵の動きが完全に乱数のため戦略性という点では少々難があったのは否めません。

残念ながら「ミステリーゴールド」は「ぴゅう太」以外でリリースされていないようなので知名度は殆ど無いのは少々寂しい限り。

今からでも良いのでタカラトミーさんから「ぴゅう太アンソロジー」とかで「ぴゅう太」のゲームソフトをまとめて移植して欲しいと願ったりして!


【ライター:清水サーシャ】