35歳以上の高齢出産が急増。ニーズ対応のための「F2妊婦研究会」発足 - バスラボ

写真拡大

女性のための健康生活ガイド「ジネコ」を運営するバズラボは、出産年齢の高齢化に伴い、新しいニーズへ対応するため、35〜49歳の妊婦および産後ママのニーズを調査・研究する「F2妊婦研究会」を発足した。

他企業からの参加も受け入れ、新たなサービス・商品開発を目指していくという。

現在、出産数が減少傾向にあるなかで、35歳以上の女性による出産が増加している。

これまではマタニティ市場は20〜34歳が中心だったが、35歳以上の妊婦が増えたことで、マーケットの年齢分布は大きく変化。

以前と求める情報や消費傾向は異なることが予想されている。

同社は、不妊、妊娠、出産を中心とした口コミサイト「ジネコ」を運営しているが、ユーザーの年齢も30歳以上が91%。

35歳以上の割合も高くなっているという。

同社では「ジネコ」に寄せられた口コミから、30歳以降を対象とした妊婦雑誌に対するニーズを見いだし「マタニティジネコ」を発刊。

好評を得たことから、今後もニーズを満たす商品やサービスを創出するため、「F2妊婦研究会」を発足した。

同研究会の研究内容としては、「F2層妊婦の抱える問題、課題の抽出」「ニーズの調査、分析」「消費傾向の調査、分析」「他企業との共同研究、協同開発」などが予定されている。

※F2層とは、年齢35〜49歳の女性のこと