リクルート、大学生・大学院生向け海外インターンシップの参加学生募集開始

写真拡大

株式会社リクルートは、大学生・大学院生向けグローバルインターンシップ「GLAC(Global Activity of Japanese)インターンシッププログラム」の募集を開始した。

募集人数は96名(予定)で、インドとベトナムで実施するとのこと。

同プログラムは、経済産業省の「平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(中核拠点等における人材確保のための調査事業)」を同社が委託を受け、運営・実施しているもの。

今後、社会での活躍を期待されている大学生・大学院生に、就業前に海外にある企業の職場体験を提供することで、日本国内に限らず広く世界で働き活躍する面白さを知ってもらうことを目的としている。

インターンシップが行われるのは、インド(チェンナイ)・ベトナム(ホーチミン)の日系現地法人。

日本本社の現地法人や海外拠点、あるいは現地で日本人経営者が立ち上げた企業約40社が参画予定となっており、そこで実際の職場体験や現地学生との交流を実施する。

帰国後は、参加者の大学生・大学院生は現地での研修成果等の振り返りを行い、経験談等を広く同世代に発信するための報告会にて情報発信をしていくという。

応募資格を満たしていれば、大学1年生から参加することも可能とのこと。

応募資格は、日本国籍を有する者又は日本への永住が許可されている者。

2012年6月1日時点で日本国内の大学・大学院に在籍する学生(学歴・専攻・学年・語学力は不問)。

募集人数は96名(予定)。

「国内研修時の宿泊費」「海外渡航費」「現地での宿泊費」の負担はなし。

スケジュールは6月1日〜7月5日まで会員登録ならびに応募受付、7月17日から書類選考・面接を経てプログラム参加者決定。

8月23日〜25日まで国内事前研修、8月26日〜9月7日まで海外インターンシップ研修、9月8日・9日に国内事後研修、11月中旬に成果報告会を開催。

応募、詳細はGLACまで。