プリン体や糖質と上手に付き合おう! 新しいサプリ登場-ユアヘルスケア

写真拡大

コエンザイムQ10素材のトップメーカーであるカネカのグループ会社、ユアヘルスケアは、“食べることがもっと楽しくなる!”新しいサプリメント商品「クリスフラボン」と「インスアクティブ」を発売した。

プリン体とは、細胞中にある「核酸」を構成する成分のひとつ。

痛風の原因となるもの。

今回発売された「クリスフラボン」は、「食事のプリン体が気になる」「プリン体と上手に付き合いたい」「美味しい食事を思いっきり楽しみたい」人向けのサプリ。

約30日分(60カプセル)で、4,800円(税込み)。

「クリスフラボン」は、古来から人々の健康に役立ってきた「菊の花」から抽出されたポリフェノール。

体内に摂取したプリン体や、体内で合成されたプリン体を尿酸に変換する酵素で、「尿酸産生酵素(キサンチンオキシダーゼ)」を阻害することが分かっている。

尿酸値の上昇を抑える効果については、ヒト試験にて有効性が確認されている。

「食事の糖質が気になる」「スイーツを楽しみたい」「美味しいものを諦めたくない」人向けのサプリが「インスアクティブ」。

約30日分(90粒)で、3,800円(税込み)。

日本古来から健康に良い食材として親しまれてきた「小豆」を、麹(こうじ)菌由来の酵素で分解した小豆酵素分解物(小豆ペプチド含有)を含有。

血糖値が気になり、食事を控えめにしている人におススメだ。