ほの暗い画面は「のぞき穴」を再現したもの

写真拡大

何の障壁もない状態で見るよりも、のぞき穴から見る方がエキサイトするのは、なぜなんだろう。壁の向こうにいるのが美女ならば、なおさらである。

本当にやったら危険。でも、のぞいてみたい――。そんな世の男性の夢を叶えてくれるサイトがある。ユニリーバジャパンが運営するデオドラントスプレー「AXE DRY(アックスドライ)」のキャンペーンサイト「HOT ANGLE」だ。

「顔認識技術」で自由自在に眺めを変えられる

「HOT ANGLE」では、露出度の高い衣装の美女が大勢登場し、「のぞき穴」に向かってさまざまなポーズを取ってくれる。ユーザーは、そんな彼女たちを好きな角度から鑑賞することができる。

利用にはウェブカメラが必要だ。「どんな顔の女性なのか」と思ったら、ウェブカメラの前で身をかがめれば、画面の上の方を見ることができる。「身体や脚が見たい」と思ったら、背伸びをして覗き込めば眺めが変わる。

「右上の美女を見上げたい」と思ったら、左下に身を潜めるように隠れればいいのだ。顔認識技術がうまく使われている。

サイトには4つの部屋(動画)が用意され、美女たちは部屋の中を動き回っている。挑発的な女豹ポーズを取ったり、ハシゴにのぼって作業したりと、バリエーションも十分だ。

このサイト、ただ男性を楽しませるだけでなく、話題拡散を促す仕組みも備えている。美女たちに釣られて身体を動かし終わると、

「身体を合計104984ピクセル動かして発汗指数63.99%相当の運動を行ないました」

という数値が出る。発汗指数とは何のことか分からないが、要するに「汗をかいたら制汗スプレーをしろ」ということなのだろう。

男性ターゲットに拡散しやすいしかけ

この結果は、フェイスブックやツイッター、ミクシィでシェアすることができる。少し勇気がいるが、男友達同士なら盛り上がれそうだ。この商品のターゲットに効果的に届きそうなやり方だ。

サイト内では、商品ラインナップやサンプリングイベントの詳細も告知されている。

AXEシリーズでは、これまでも男性向けの「モテ」をテーマにした過激なキャンペーンを連発して、ブランドイメージと知名度を築いてきた。

指定時刻に女性から携帯電話にモーニングコールがかかってくる無料サービスを展開したり、新宿駅前にバスルームを特設してグラビアアイドルの入浴シーンを生配信したこともあった。

今回のキャンペーンも、「AXE=モテ」のイメージを強化する企画だ。店頭で商品を見かけたときに、ポジティブな印象を持つ男性も増えるのではないか。(岡 徳之)