Facecookの招待メールをあなたも送っているかもしれない?

写真拡大





Facebookへの招待メールが、友人知人に勝手に送られてしまうケースがあるようだ。



筆者は10日ほど前に複数の友人から招待メールが届いたとの連絡を受けた。当初はたまたま名前の一致したスパムメールだろう、またどっかの業者がややこしいことをしやがって、と判断したのだが、件のメールを確認させてもらったら、確かに自分のアカウント名義で送信されている。どういうことかと調べたところ、下記のブログ記事に辿りついた



Facebookの勝手に友達申請・登録招待メール送信される設定を変更する方法(とみー)

http://www.tommyjp.com/2011/08/facebook.html



……携帯電話のアドレス帳からユーザー検索をするのはFacebookにデータを教えているようなものだとはわかりながらも、友人探しに便利だし、まさかそれ以上のものではなかろうと思っていたのだが、甘かった。まさか勝手に招待メールの送信まで行われていたとは。



救いがあるとしたら、招待メールは詐欺ではなくFacebookの公式なもののため、内容に従って登録しても大丈夫という点だが、アドレス帳に登録されているのは今現在つきあいのある人たちだけでなく、とっくに縁の切れた方々もいたりするわけである。つまりは「まだ未練あるのかしら」などと思われたりして自分の気付かないところで恥をかいているのではないか、ということだ。



しかし恥ずかしいからといって知らないそぶりをし続けていたところで、上記リンク先によれば招待メールが定期的に送られ続けてしまうという。



ということで、「招待とインポートした連絡先を管理」(https://www.facebook.com/invite_history.php)を開き、インポートした連絡先をすべて削除した。すでに送られてしまったものはもう仕方がないが、今後はアドレス帳と同期しなければひとまずは大丈夫だろう、と思いたい。



当然のことながら読者諸兄も気付かないうちに招待メールを送ってしまっている可能性があるので、まずは上記の方法で確認してみることをオススメする。送信済み一覧に思い出したくない誰かを見つけて「やめてー!」となってしまう危険性をはらんでいるのは確かだが、過去の因縁から立ち直って今を生きていることを心の支えに、同じ過ちを繰り返さないためにも今すぐ気合いを入れて臨むべし。



あと、私から招待メールが届いてしまったみなさま、大変失礼いたしました。今回の招待メールによって新規登録した友人知人がゼロだったのも恥ずかしいけど救いです。





(田中 元)