困難は、必ず解決策を連れてくる

「KBS京都みたいなローカルテレビ局に本当にできるのか?」

農家に生まれた永守さんは、6人兄弟の末っ子。永守さんが経営者を目指すきっかけは、小学校3年生のときにあった。

私が1年間、密着取材のお願いをしたときに言われた日本電産社長・永守重信さんの言葉が、今でも耳に残っている。

私はKBS京都で毎週金曜日の21時30分から放送の「京bizS」という報道情報番組のキャスターだ。これまで6年間にわたって、京都で奮闘する中小企業を300社以上取材してきた。テレビキャスターというと響きはいいが、地方ローカル局のキャスターは、企画、取材、構成、編集、営業、出演と、なんでもやるいわば便利屋さん。「困難は必ず解決策を連れてくる」と永守さんが言うように、予算も人数も少ない中で、知恵を絞りながら、自転車操業状態でなんとか毎週食いつないでいる。

そしてKBS京都開局60周年の記念特別ドキュメンタリー番組を日本電産社長・永守重信さんへの密着取材でつくることになった。

永守さんは、67歳。1973年、わずか4人の同志とともに「世界一を目指す」と日本電産株式会社を興した。独自の技術でほかにはないモーターを次々と開発。現在ハードディスク用精密モーターでは世界シェア80%を誇っている。最近では、高騰するレアメタルを使わないモーターを開発して話題を集めた。

80年代から、積極的にM&A戦略を展開。赤字つづきの会社をわずか1年で過去最高の利益を生み出す会社に変えてしまう手腕でM&Aの達人ともいわれる。現在では世界中にグループ会社があり従業員およそ15万人をまとめる。「一番以外はビリ」「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」「情熱・熱意・執念」など、その言葉の数々は刺激的だ。

そんな永守さんに「京都の偉人は京都のメディアが歴史に残さなければいけないんです!」と、半ば強引に、半泣きになりながら直談判して取材を許してもらった。

2011年から12年にかけて放送されたドキュメンタリー「人間、永守重信」は幸いにして大きな反響を呼び、全国各地でも放送された。

本稿は「人間、永守重信」の言葉に焦点を当て、これからの日本を担うビジネスリーダーの一助となることを念頭にしたい。それぐらい強い信念に裏付けられた永守さんの言葉に私の心は揺さぶられたのだ。

永守少年は、金持ちの同級生の家に遊びにいった。3時になると、ばあやが出てきて、おやつを出す。

金持ちの子どもの前に、白い三角のお菓子が出てきた。

「これなに?」と、聞くと、「おまえこんなのも知らないのか? これチーズケーキっていうんだ」「ちょっとくれ」と頼むと、端のほうを切ってわけてくれた。うまいなあ、おいしいなあ、と思っていると、今度は家の奥から、ジュージューと音がした。何か赤いものをパーンパーンやっている。「これなんだ?」と聞いたら、「ステーキだ」と言う。

永守少年は、ステーキを食べた。こんなにおいしいものが世の中にあるのかと思った。そのときに、おまえの親父どんな仕事しているのかと聞いた。

「俺の親父は社長や」

社長になったらチーズケーキやステーキが食べられると、永守さんは「社長になりたい」と思ったのだという。実際に先生から「社長って知っているのか?」と聞かれたとき「知らない。知らないけどうまいもの食えるんだ」と答えたという。

永守さんは、父親を早くに亡くし、兄夫婦に育てられた。貧しかったこともあり、中学卒業したらどっかで働けよ、と言われていたという。学校の教師が、ずっと成績が一番だった永守さんの将来を案じ、「奨学金もあることだから、せめて工業高校に行かしてあげたらどうですか?」と兄夫婦を説得しにきてくれたという。

義姉は反対だったが、兄は「それぐらいやったら」と、奨学金で足りない分はアルバイトで稼ぐことなどを条件に渋々納得してくれた。

結果的に奨学金をもらいながら工業高校へ、国のお金をもらって大学に行った。

現在、92歳の兄。年に1、2回両親の墓参りに行き、家に寄り、酒を飲むと必ずこの話を蒸し返されるという。「おまえは私たちを憎んでるやろ」と。そして酔いが進むにつれ「私たちがおまえの教育に不熱心だったから、おまえの今日がある」などと言われる。話が終わらないと、帰れないのだという。

高校に入るとアルバイトをする必要があった永守さんは、塾を経営し始めた。当時のサラリーマンの月収の3倍の収入を得たという。「経営者永守」の誕生は、苦学とともにあったのだ。永守さんは、自分が独立を決意したとき、独立に最後まで反対した母親にこう言われたという。

「どうしてもやるというなら、おまえは人の倍働くか。私は倍働いた」

そこで「倍働く」と答えた永守さんは独立の許可を得た。元日の午前中以外は休みなし。365日働く永守さんは言う。

「今から会社やるけど世界中の会社に勝てるものなにかあるか? 人材、資本、設備……何にもありません。ただ1日は24時間。ウチも日立も東芝もGEもどこも24時間じゃないかと。日本電産が15時間で向こうが35時間ということはない。『そうだこれだ!』と思いました。人の倍働いたら勝てるということ。5時50分に起きて、会社には6時50分に一番に行く。創業以来ずっとです。冬であれば、僕が秘書室の暖房をいれて、暖かくなったころに、秘書室長が来る。それが日本電産なんです」

永守重信の二男が語る永守重信

それだけ極端な会社人間である永守さんだが、家庭をかえりみなくても大丈夫なのか。

「べたべた長時間家族と接したらいいというものではない。私はあんまり家に帰りませんが、シンガポールへ行ったら蘭の花を送るし、家に帰ったら家族の話はちゃんと聞くようにします。今日はスーパーに行ったけど、大変なことをした。あそこでタマゴ買ったら28円だったけど、こっちは26円だったと。2円も高いもの買ってしまったとね。

大事なことは家族に関心を持つこと。これは会社も一緒ではありませんか。一番大切なことは、社長が社員に関心を持つことです。廊下の向こうから社員が来たと。知らん顔して通るのではなく『お〜い。おまえ、まだこの会社にいるのか!』とね。要するにかける言葉はなんでもいいのです」

そんな永守さんのことを家族はどう考えているのか。二男の永守知博さんに話を聞くことができた。知博さんは、大学卒業後大手電機メーカーに就職、アメリカでMBAを取得し帰国したあと、日本電産の関連会社を経て、東京でベンチャー企業「エルステッドインターナショナル」を興し4年目。「ものづくりLOVE」を標榜し、ものづくり企業の支援を中心に積極的に海外へもビジネスチャンスを探しにいく。孤軍奮闘、日本と海外を行き来する毎日だ。

知博さんは顔もしぐさも喋り方も、父親に似ている。違うのはネクタイの色ぐらい。間違いなく、あの人のDNAを引き継いでいる。

「永守家では、のんびりしているほうがしんどい。一生懸命働かないことに、恐怖を覚えます。ゆっくりした1日を過ごして、夜布団に入ると、枕元に父親の顔がニュッと出てくる気がします。最近は父親だけでなく、母も嫁も出てくるときがあるんですが、『おまえ一人だけさぼるなよ』と、言われるんです。実際に枕元には誰もいないのに、そう感じてしまうのは、マインドコントロールとしかいいようがないです(笑)」

そんな永守家だが、食事のときなどはワイワイ賑やか。ただ聞き役が一人もいないため、会話が成立していないという。

「うちの姑がびっくりしていました。『会話が成り立っていないじゃないか』と。みんな言いたいこと言っているので、どうなっているんだ、この家庭はと」

知博さんの目標は、同族経営を許さない日本電産に対して、永守重信さん得意の「M&A」ができるぐらいの企業をつくることだという。

※すべて雑誌掲載当時